急拡大のオミクロン株、現状の要点は? 詳しく解説

2021年11月29日、クアラルンプール国際空港(KLIA)で、防護服に身を包んで搭乗手続きをする乗客たち。多くの変異を持つ「オミクロン株」の拡散を抑制するために、世界各国が国境閉鎖を行ったり、改めて渡航制限を導入したりしている。(PHOTOGRAPH BY MOHD RASFAN, AFP VIA GETTY IMAGES)

【元の記事へ戻る】