急拡大のオミクロン株、現状の要点は? 詳しく解説

新型コロナの新たな「懸念される変異株」、少ないデータを読み解く

2021.12.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月29日、クアラルンプール国際空港(KLIA)で、防護服に身を包んで搭乗手続きをする乗客たち。多くの変異を持つ「オミクロン株」の拡散を抑制するために、世界各国が国境閉鎖を行ったり、改めて渡航制限を導入したりしている。(PHOTOGRAPH BY MOHD RASFAN, AFP VIA GETTY IMAGES)
2021年11月29日、クアラルンプール国際空港(KLIA)で、防護服に身を包んで搭乗手続きをする乗客たち。多くの変異を持つ「オミクロン株」の拡散を抑制するために、世界各国が国境閉鎖を行ったり、改めて渡航制限を導入したりしている。(PHOTOGRAPH BY MOHD RASFAN, AFP VIA GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 11月26日、世界保健機関(WHO)は、南アフリカで最初に報告された新型コロナウイルスの新たな変異株を「オミクロン」と命名し、アルファ、ベータ、ガンマ、デルタなどと同じ「懸念される変異株(VOC)」に分類した(編注:国立感染症研究所も11月28日にVOCに分類)。

 現在のような初期段階においては、オミクロン株についても、またこの変異株がパンデミックを悪化させる可能性についても、科学者は明確には答えられない。とはいえ、南アフリカで見つかった予備的証拠は、オミクロン株はこれまでの株よりも広まりやすいことを示唆している。

 ハウテン州ツワネ(11月9日のサンプルでオミクロン株が初めて確認された場所)では、過去3週間の陽性率が1%未満から30%以上に増加した。ウイルス情報のデータベースであるGISAIDによれば、オミクロン株は11月25日の時点で、南アフリカで遺伝子解析されたコロナウイルスの76%を占めており、同国内で最も優勢な変異株となっている。オミクロン株は、デルタ株がベータ株から置き換わったよりも早いスピードで取って代わりつつある。

 同国では国民のわずか23%しかワクチンを接種していない。その原因の一端は、ワクチンの大半が北米やヨーロッパに独占されたことにある。専門家らは以前より、ワクチン接種率の低い地域では、新型コロナウイルスがより速く進化し、感染が広がりやすく、あるいは抗体が効きにくい変異株が出現して、パンデミックを拡大させる可能性があると警告していた。その予測が今、現実となったのかもしれない。

「この新たな変異株は、感染症の制御は失敗したという結果を改めて示しています」と、英ケンブリッジ大学の臨床微生物学者で、新型コロナウイルス感染症の世界的権威のひとりであるラビンドラ・グプタ氏は言う。

 GISAIDによると、オミクロン株では、過去の「懸念される変異株」にもある多くの重要な変異とあわせて、ヒトの細胞に感染するために不可欠なスパイクタンパク質で新たな変異が12カ所認められた。既知の変異も含めれば、スパイクタンパク質に全部で32の変異があり、科学者らはこの数の多さが、既存の抗体がオミクロン株を中和する能力を低下させ、現行のワクチンの効果が損なわれると懸念している。

「現在の抗体が結合するほぼすべての部位に変異があります」と、米アリゾナ大学でウイルスの進化を研究するマイケル・ウォロビー氏は言う。加えてオミクロン株は、ウイルスが細胞により速く感染し、また人から人へより広まりやすくなる変異も持っている。「この株はやっかいです。わたしがそう感じたのはデルタ株以来です」とグプタ氏は言う。

次ページ:重症化リスクの判定は時期尚早

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。

定価:2,200円(税込)

おすすめ関連書籍

2021年2月号

ウイルスの世界/新天地を目指す女性たち/コスタリカ 野生の楽園/モニュメントは何のため?

2月号の特集「私たちはウイルスの世界に生きている」では、時には人々の生命を奪うウイルスが、生物の進化で果たしてきた役割について取り上げます。「コスタリカ 野生の楽園」はコロナ禍で保護活動が危機に直面している現地の状況をレポート。このほか、「新天地を目指す女性たち」「モニュメントは何のため?」などの特集を掲載。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加