コロナワクチンの開発にヒトの胎児細胞が使われる理由

日常的な薬の開発にも、中絶胎児に由来、米国では宗教的な議論に

2021.11.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
培養中のヒト胎児腎細胞293(HEK-293細胞)。複数のクラスターが写っている。胎児細胞株は生物医学研究や医薬品開発の標準的なツールとなっている。(IMAGE BY GERMAN101, GETTY)
培養中のヒト胎児腎細胞293(HEK-293細胞)。複数のクラスターが写っている。胎児細胞株は生物医学研究や医薬品開発の標準的なツールとなっている。(IMAGE BY GERMAN101, GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスワクチン接種が一部の企業などで義務化された米国では、宗教上の理由による接種義務の免除を申請する消防士や警察官などが相次ぎ、議論が巻き起こっている。大企業や一部の医療機関では2022年1月4日が接種期限とされているため、これから申請者が急増しそうだ。(参考記事:「コロナワクチンが義務化されるとどうなる? 効果は? 米国の例」

 人々が宗教上の理由としてよく挙げる要因が、ワクチンとヒト胎児に由来する細胞との関連だ。

 新型コロナワクチンの試験や開発・製造にヒトの胎児細胞が使われているのは事実だ。これらの細胞は30年以上前に行われた数件の選択的中絶から得られたもので、以来、実験室で培養されている。同じ細胞株は、私たちが日常的に使っているアセトアミノフェン、イブプロフェン、アスピリンなどの医薬品の試験や研究のほか、アルツハイマー病や高血圧症の治療の研究にも使用されている。

「私たちの命を救ってくれる医薬品やワクチンを開発するために胎児細胞株がどれほど重要な役割を果たしているのか、多くの人は知りません」と米ジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターの感染症専門医アメッシュ・アダルジャ氏は話す。「新型コロナワクチンの開発に使用されているのは特別なことではありません」

 宗教指導者の中には、科学的根拠に基づいて提言を行う人々もいる。米カトリック司教協議会が2020年12月に発表した声明では、ヒト胎児細胞株は間接的に人工妊娠中絶と関係があり、道徳的に問題があるとしている。その一方で、コロナ禍という深刻な健康危機においては、代替手段のない場合のワクチンの使用は、博愛と道徳的責任に基づく行為として正当化されるというバチカンのメッセージが繰り返されている。(参考記事:「イスラム教とコロナワクチン、一部は「禁忌」との声も、米国」

 宗教的な理由に基づく新型コロナワクチン接種義務の免除がこれまでに何件認められたかは不明だが、申請者は「信仰に偽りのないこと」を証明する必要がある。場合によっては、日常的な医薬品でも胎児細胞を使って開発されたものは利用していないことの証明が求められる。

 医師たちは、一部の人々が新型コロナワクチンに反対するのは、科学に対する誤解があるからではないかと考えている。米ピッツバーグ大学医学部の家庭医学専門医で、米イーストリバティー家庭医療センターの非常勤医師でもあるリチャード・ジマーマン氏によると、患者の中には新型コロナワクチンには中絶された胎児の細胞が含まれていると信じ、ワクチンに懐疑的な意見を述べる人もいたという。もちろん、これは間違いだ。

 以下では、胎児細胞は医薬品開発にどのように使用されているのか、胎児細胞はどこから来たのか、そして、なぜ代替品を見つけるのが難しいのかについて説明する。

次ページ:胎児細胞が医薬品開発に必要な理由

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ディープフェイク ニセ情報の拡散者たち

人類 vs AI。バイデン、マクロン、ラスムセンら世界の要人に助言を与えてきた著者が書き下ろす、あらゆる情報が信用できなくなる未来。

定価:1,870円(税込)

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,860円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加