聖なる森の声を聴く

最高位のオロイボニの務めは異なる世界の仲介者となること

30年にわたり、マサイの人々が敬愛する最高位の精神的指導者「オロイボニ・キトク」を務めてきたモコンポ・オレ・シメル。ケニア南部の奥地、ロイタ地域にある家で訪問客の話を聞き、ささいな困り事から大問題まで、マサイの共同体のさまざまな事柄に助言を与えている。(PHOTOGRAPH BY KEVIN OUMA, CINEMATIC KENYA)

【元の記事へ戻る】