世界最大のトリケラトプス化石「ビッグジョン」売却がもたらす波紋

「ビッグジョン」の通称で知られるトリケラトプスの化石の競売を監視する競売人のアレクサンドレ・ジクエロ氏。2021年10月21日、ビッグジョンは匿名の米国人に手数料込み770万ドル(約8億7000万円)で売却された。(PHOTOGRAPH BY MICHEL STOUPAK, NURPHOTO VIA GETTY IMAGES)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー