英国でデルタ株の亜系統が急拡大、なぜ? 危険度は?

デルタ株より広まりやすいのか、病原性やワクチンの効果は

2021.11.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月20日、英国ロンドンの地下鉄に乗る通勤客。新型コロナウイルスの拡散を防ぐためにマスクを着用している人もいる。感染者数が急増している英国では現在、病院の負荷を軽減するため、医療関係者が政府に一部の制限を復活させるよう求めた。(PHOTOGRAPH BY TOLGA AKMEN, AFP VIA GETTY IMAGES)
2021年10月20日、英国ロンドンの地下鉄に乗る通勤客。新型コロナウイルスの拡散を防ぐためにマスクを着用している人もいる。感染者数が急増している英国では現在、病院の負荷を軽減するため、医療関係者が政府に一部の制限を復活させるよう求めた。(PHOTOGRAPH BY TOLGA AKMEN, AFP VIA GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 英国では7月以降、デルタ株の亜系統「AY.4.2」が拡大している。依然として主流は元のデルタ株ではあるものの、現在、2つの新たな変異をもつこの亜系統が新規感染の12%以上を占めている。9月上旬の時点では4%以下だったため、割合は増加傾向だ。

 さらに憂慮すべきは、AY.4.2がデルタ株の他の亜系統を着実に打ち負かしている点だ。英保健安全保障庁(UKHSA)が10月22日付けで公表した暫定的な証拠では、AY.4.2はデルタ株の他の亜系統に比べ、家庭内での感染率が約12%高いことが示唆された。

 AY.4.2の急激な拡大を受け、英保健安全保障庁(UKHSA)は10月20日、AY.4.2を「調査中の変異株(VUI)」に指定した(編注:日本の国立感染症研究所はWHOにならい「監視下の変異株(VUM)」に分類)。

「英国ではAY.4.2の割合が高まり続けています。これが単なる偶然だったとしたら、増加を続けることなく、いずれ止まるはずでした」と、AY.4.2を発見したスイス、バーゼル大学ビオツェントルム(バイオセンター)の生命情報科学者コーネリウス・レーマー氏は話す。「したがって、実際に感染力が優位にあることが強く示唆されます」

 現在のところ、AY.4.2の症例の95%が英国で発生しているが、他の42カ国でも確認されている。米国では、遺伝子配列の全解析例のうちAY.4.2が占める割合は0.5%以下にすぎないとはいえ、すでに33州で確認されている(編注:国立感染症研究所によれば、日本国内では過去に1例が確認されたのみで、10月28日時点においてAY.4.2系統と判定されたウイルスの検出はない)。

「AY.4.2がもつ優位性のせいで、英国はこの冬、少し難しい状況になるかもしれません。私たちが実行するそれぞれの対策の効果が少しずつ低下するためです」と英ウェルカム・サンガー研究所COVID-19ゲノミクス・イニシアチブのディレクター、ジェフリー・バレット氏は話す。「ただし、AY.4.2とデルタ株の違いは、デルタとアルファの差や、アルファとさらに古い変異株の差に比べればわずかです」

 科学者はAY.4.2を亜系統と呼んでいる。これはデルタ株でありながら、新たな変異がいくつかあることを意味する。デルタという太い枝から生えた小枝のようなものだ。新型コロナウイルスは月平均約2回の変異を重ねており、デルタ株の亜系統は100を超えている。

次ページ:AY.4.2は何が違うのか

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2021年2月号

ウイルスの世界/新天地を目指す女性たち/コスタリカ 野生の楽園/モニュメントは何のため?

2月号の特集「私たちはウイルスの世界に生きている」では、時には人々の生命を奪うウイルスが、生物の進化で果たしてきた役割について取り上げます。「コスタリカ 野生の楽園」はコロナ禍で保護活動が危機に直面している現地の状況をレポート。このほか、「新天地を目指す女性たち」「モニュメントは何のため?」などの特集を掲載。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加