道具、チームワーク、策略を駆使して漁をするイルカたち

モザンビークのポンタ・ド・オウロ海洋保護区を泳ぐハンドウイルカ。ハンドウイルカは、いま最も研究が進んでいるイルカだ。 (PHOTOGRAPH BY THOMAS P. PESCHAK, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー