絶滅した孤高のフォークランドオオカミ、謎の起源に新たな光

フォークランド諸島に先住民の痕跡を発見、イヌ科動物を持ち込んだか

2021.10.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅したフォークランドオオカミ(Dusicyon australis)のイラスト。チャールズ・ダーウィンがビーグル号で旅をした後、1839年にジョージ・ウォーターハウスによって描かれた。(ILLUSTRATION BY NATURE PICTURE LIBRARY)
絶滅したフォークランドオオカミ(Dusicyon australis)のイラスト。チャールズ・ダーウィンがビーグル号で旅をした後、1839年にジョージ・ウォーターハウスによって描かれた。(ILLUSTRATION BY NATURE PICTURE LIBRARY)
[画像のクリックで拡大表示]

 南大西洋の英領フォークランド諸島(スペイン語名はマルビナス諸島)には、かつてフォークランドオオカミというイヌ科の動物が生息していた。島で唯一の陸生哺乳類で、19世紀に絶滅してしまったが、ヨーロッパ人が見つけたときに島に人が暮らした痕跡はなく、フォークランドオオカミは自力で海を渡ってやって来たと考えらえていた。

 しかし、考古学と生態学を組み合わせた新たな研究により、フォークランド諸島にはヨーロッパ人が見つける前にも人が住み、そして彼らがフォークランドオオカミを連れてきた可能性が示された。論文は10月27日付けで学術誌「Science Advances」に掲載された。(参考記事:「特集「生命よみがえるフォークランド諸島」撮影の裏側 写真15点」

 この論文は、フォークランド諸島の歴史に新たな扉をひらくとともに、岩だらけの土地に暮らした神秘的なイヌ科の動物をよりよく理解する助けとなるだろう(フォークランド諸島は英国の海外領土であり、2013年の住民投票では住民の大半が英国への帰属を支持しているが、アルゼンチンも領有権を主張している)。

絶滅した謎の動物

 私たちはフォークランドオオカミ(Dusicyon australis)のことをほとんど知らない。狩猟のせいで1876年に絶滅し、近代史上初めて乱獲で消滅したイヌ科動物となった。米シカゴ大学の進化生物学者グレアム・スレイター氏によれば、今では世界で10体あまりの標本しか残っていないという。氏はフォークランドオオカミを研究しているが、今回の研究には参加していない。

 フォークランドオオカミはオオカミでもキツネでもなく、見た目は「コヨーテやジャッカルによく似ています」と氏は言う。人懐こかったが、現生のコヨーテと同様、ずる賢いことで知られていた。1833年にビーグル号でフォークランド諸島を訪れたチャールズ・ダーウィンが残した記録によると、船乗りが枕の下に肉を隠して寝ていたところ、その肉を盗んでいったことがあるという。

 古いミトコンドリアから得られた遺伝学的証拠から、フォークランドオオカミが近縁の動物から分岐したのは1万6000年ほど前であることがわかっている。これは人類がまだ南米のこのあたりに到達する前であり、海面が低下した最終氷期最盛期(約2.6万〜1.9万年前)の間に浅い海を渡るなどして、自力でフォークランド諸島に定着したという説の根拠のひとつとされていた。

 しかし、この動物が自らフォークランド諸島にたどり着いたと考えるには、問題になりそうな点がある。第1に、最終氷期に南米大陸とフォークランド諸島の間が、イヌ科の動物が渡れるほどの状況になったことを示す地質学的証拠は乏しい。

 第2に、フォークランド諸島には他の陸生哺乳類がいなかった。フォークランドオオカミがもし渡れたのであれば、移動する種が1つだけになることはまずない。とはいえスレーター氏によれば、新しい環境に適応する能力が非常に高ければ、そんな移動も可能だったかもしれないという。

次ページ:木炭の跡と「骨の山」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2018年3月号

鳥たちのはるかな旅/宇宙飛行士が見つめた私たちの星/巨大湖が消える日/シリア 戦渦の街に生きる/生命よみがえるフォークランド諸島/愛しき最果ての村

宇宙を訪れた人々は、地球を見て何を考えたのか――特集「宇宙飛行士が見つめた私たちの星」。シリーズ「鳥」では驚異の「渡り」に迫ります。このほか「巨大湖が消える日」など特集6本を掲載!特製ポスター付き!「渡り鳥 旅の軌跡」

定価:1,131円(税込)

おすすめ関連書籍

犬の能力

素晴らしい才能を知り、正しくつきあう

人の心をつかんで離さない、犬の魅力はどこからくるのか? 最新の動物行動学に基づいた基礎知識がわかる。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加