ビルの材木で500年以上前の気候を知る、米NYで進む取り組み

米ニューヨーク市で取り壊されたビルからダイオウマツの材木を取り出す作業員。こうした材木には、これまでに知られていたより何百年も前の気候の手がかりが残されている。(PHOTOGRAPH BY ALAN SOLOMON)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー