「ありえない場所」でマングローブ林を発見、海面上昇予測に関連

メキシコのタバスコ州を流れるサンペドロ・マルティル川に接する、エル・カカワテというラグーン。このラグーンに沿って生育するマングローブ林は、通常の生息地である沿岸部から170キロも離れた場所にある。 (PHOTOGRAPH BY OCTAVIO ABURTO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー