嵐が熱帯雨林を7mも「散髪」、被害大きく回復しない恐れも、研究

2018年1月18日、プエルトリコのエルユンケ国立公園で被害を受けた樹木の調査を手伝う米コロンビア大学の博士課程学生アンドリュー・クイベマン氏。研究者たちは、ハリケーン「マリア」がこの広さ115平方キロメートルの緑豊かな熱帯雨林に与えた被害を調査し、温暖化する世界で森林が長期的にどのように変化する可能性があるか解明しようとしている。(PHOTOGRAPH BY ERIKA P. RODRIGUEZ, THE NEW YORK TIMES/REDUX)

【元の記事へ戻る】