嵐が熱帯雨林を7mも「散髪」、被害大きく回復しない恐れも、研究

プエルトリコのエルユンケ国立公園の木々。4年前にハリケーン・マリアによる壊滅的な被害を受けた後、新たな葉が出はじめたが、回復への道のりは険しい。(PHOTOGRAPH BY ERIKA P. RODRIGUEZ, THE NEW YORK TIMES/REDUX)

【元の記事へ戻る】