自ら毒の体験も、生物毒に魅せられた科学者たち、新薬開発目指し

イモガイの毒を治療薬として利用する可能性を研究している米ニューヨーク市立大学(CUNY)ハンター校とCUNY大学院センターの化学准教授マンデ・ホルフォード氏。イモガイの毒は地球上で最も危険な毒の1つだ。(PHOTOGRAPH BY ROBERT CLARK, NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー