地中海、イタリア、サルデーニャ島沖。タイセイヨウクロマグロが群れをなす。乱獲から驚異的な回復を遂げた種である。(Photograph by NORBERT WU/ MINDEN PICTURES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
地中海、イタリア、サルデーニャ島沖。タイセイヨウクロマグロが群れをなす。乱獲から驚異的な回復を遂げた種である。(Photograph by NORBERT WU/ MINDEN PICTURES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 国際自然保護連合(IUCN)は4日、絶滅の危機にある生物を評価する「レッドリスト」を更新、タイセイヨウクロマグロなどいくつかのマグロの危機ランクを引き下げた。

 予想以上に早く回復できたのは、マグロの乱獲を止めようという過去10年の取り組みがうまくいっている証しだ。ただし、今回審議の対象になったのはマグロだけではない。研究者たちは他の多くの海洋生物がいまだ危機にあると警告している。例えば、世界のサメやエイの3分の1以上の種は、乱獲、生息地の喪失、気候変動などにより、依然として絶滅の危機に瀕している。

「良い知らせは、持続可能な漁業は可能ということです」と、米アリゾナ州立大学の海洋生物学者ベス・ポリドロ氏は語る。「私たちは、絶滅の危機に追いやるほど個体数を減らすことなく、魚を持続的に食べることができるのです」

 一方で、このような状況の変化が、好きなだけ魚を取るための動機になってはならないと同氏は警告する。

「うまくいっていることは継続する必要があります」

 世界中の1万6000人の専門家に支えられている組織IUCNは、それぞれの生物の状況を評価し、その危機の度合いをレッドリストにおいていくつかのカテゴリーに分類している。今回の更新では、一部の動物がより危機的な状態になったことも発表された。気候変動の影響を特に受けやすいコモドオオトカゲはその代表的な例である。(参考記事:「21世紀に生きる“ドラゴン” コモドオオトカゲ」

回復しつつあるマグロたち

 ポリドロ氏は20年近くにわたり、IUCNで60種以上のマグロ類とカジキ類の状態を評価する専門家グループに所属している。同氏のチームは2011年に初めて包括的な調査結果を発表し、商業的に漁獲されているマグロ類の多くが絶滅の危機に瀕していることを明らかにした。

 それから10年がたち、これほどまでに状況が改善されていることに同氏は驚いているという。

 今回の更新で、タイセイヨウクロマグロ(Thunnus thynnus)は絶滅危惧種(endangered)から低危険種(least concern)に引き下げられた。キハダ(Thunnus albacares)とビンナガ(Thunnus alalunga)も、近危急種(near threatened)から低危険種に引き下げられた。

 ミナミマグロ(Thunnus maccoyii)は、近絶滅種(critically endangered)から絶滅危惧種に引き下げられているものの、危険な状態は続いている。太平洋のクロマグロ(Thunnus orientalis)も危急種(vulnerable)から近危急種に変更されたが、これは最新の評価データが得られたためであって個体数は減ったままだとIUCNはプレスリリースで述べている。

 メバチ(Thunnus obesus)とカツオ(Katsuwonus pelamis)の評価は前回と同じで、それぞれ危急種と低危険種に分類されている。

参考ギャラリー:世界の漁業、乱獲から海の未来を守れるか 写真12点(画像クリックでギャラリーへ)
参考ギャラリー:世界の漁業、乱獲から海の未来を守れるか 写真12点(画像クリックでギャラリーへ)
フィリピンのジェネラル・サントス港に停泊した貨物船。乗組員が、凍ってくっついたマグロを槌で叩いてはがす。(PHOTOGRAPHY BY ADAM DEAN, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

次ページ:コモドオオトカゲの希望

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)