新たな変異抑えるコロナワクチンの途上国への寄付、なぜ難しい?

2021年1月4日、インドネシア第2の都市スラバヤ。300万回分以上の中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製ワクチンを警察の護衛付きでトラックから降ろす作業員たち。(PHOTOGRAPH BY JUNI KRISWANTO, AFP VIA GETTY IMAGES)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー