気候変動、IPCCの最新報告書を解説、私たちの未来はどうなる?

5つの予測シナリオを発表、「私たちはまだより良い道を選べます」と専門家

2021.08.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の最新報告書では、未来の5つの気候シナリオが示されている。写真は、シンガポールの植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。(PHOTOGRAPH BY ANDREW MOORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の最新報告書では、未来の5つの気候シナリオが示されている。写真は、シンガポールの植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。(PHOTOGRAPH BY ANDREW MOORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 8月9日、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第6次評価報告書が発表された。今回発表されたのは、三つに分かれた作業部会のうち、自然科学的根拠を担当する第1作業部会による報告で、科学的な分析をもとに、私たちを待ち受ける様々な未来を示している。8年ぶりに発表された報告書は、どう変わり、私たちの未来はどのように予測されているのか。前回との違いと、新たな予測シナリオを中心に解説する。

 まず、前回の報告書と最も変わった点は、未来のシナリオを導き出すにあたり、人口や経済成長、教育、都市化、技術的および地政学的な動向など、社会経済的な要素を加えた点だ。つまり、世界が今後どのように発展してゆくのかについても考慮している。

より精緻になった気候予測:「RCP」と「SSP」

 2013年と2014年に発表されたIPCCの第5次評価報告書では、温室効果ガスが将来に安定する濃度のレベルとそこに至るまでの代表的な道筋「RCP(representative concentration pathway:代表的濃度経路)」にもとづいて、未来の気候シナリオが予測された。この「RCPシナリオ」は、人類が気候変動を抑制するためにどれだけの努力をするかによって異なり、「低排出・高緩和のRCP2.6シナリオ」から「高排出・無緩和のRCP8.5シナリオ」まであった。(参考記事:「IPCCの第5次評価報告書、5つの要点」

 対して、今回の予測シナリオはたとえば「RCP2.6」ではなく「SSP1-2.6」のように表記される。2つ並んだ数字の前者が社会経済的な要素「SSP(shared socioeconomic pathway:共通社会経済経路)」で、後者がRCPだ。先に述べたように、SSPは未来の世界がどのように発展してゆくのかについての道筋であり、具体的には「1.持続可能」「2.中道」「3.地域対立」「4.格差」「5.化石燃料依存」という5つのパターンが用意された。これを加えたおかげで、様々なシナリオをより詳しく予測できるようになった。

 5つのSSPのぞれぞれで「1.9」「2.6」「4.5」「7.0」「8.5」というRCPを検討した結果、最新の報告書では、比較的楽観的な2つのシナリオ(SSP1-1.9とSSP1-2.6)、中間的なシナリオ(SSP2-4.5)、暗いシナリオ(SSP3-7.0)、そして奇妙なシナリオ(SSP5-8.5)の5つに焦点が当てられた。

 今回のRCPの1.9という値について、技術的な解決策に焦点を当てた取り組みをしている環境研究センター「ブレイクスルー・インスティテュート」で気候・エネルギーを担当するジーク・ハウスファザー氏は、産業革命以前からの気温上昇分を1.5℃にするという目標を各国がパリ協定で採択したために追加されたという。さらに、前報告書にも記されていた2.6と4.5と8.5に加え、4.5と8.5のギャップを埋める7.0という値が採用された。

次ページ:楽観的なシナリオ、暗いシナリオ、奇妙なシナリオ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。

定価:2,970円(税込)

おすすめ関連書籍

2021年7月号

猛暑の世界を生き抜く/日陰もない格差社会/黄金熱に沸く天空の鉱山/ケニア 自然保護の未来/ごみ埋め立て地の化石

地球温暖化で、猛暑下での生活を余儀なくされる人々が増えています。特集「猛暑の世界を生き抜く」では、環境に配慮しつつ、快適に暮らすための方策を探ります。このほか、日陰もないロサンゼルスの格差社会、南米ペルーのゴールドラッシュ、ごみ埋め立て地から続々発見される貴重な化石などの特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加