タリバンが支配するアフガニスタンを待ち受けるもの

2日で覆った“米軍駐留の20年”、「今は殺されるのを待つのみ」と女性市長は恐々

2021.08.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タリバンがアフガニスタンのほぼ全土を掌握した後、国外へ脱出しようとカブールの空港へ急ぐ一家。(PHOTOGRAPH BY HAROON SABAWOON, ANADOLU/GETTY IMAGES)
タリバンがアフガニスタンのほぼ全土を掌握した後、国外へ脱出しようとカブールの空港へ急ぐ一家。(PHOTOGRAPH BY HAROON SABAWOON, ANADOLU/GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]
雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2021年9月号(8月30日発売)で、タリバンが勢力を拡大するアフガニスタンを取材した特集「暗雲のアフガニスタン」を掲載します。

 2001年12月、タリバン政権が最後の拠点を追われた翌日、アフガニスタン南部の都市カンダハルに一番乗りした記者団の中に、私(現在はナショジオの編集者のインディ・A・R・ラクシュマナン)も紛れていた。

 悪名高きアルカイダの訓練場レワ・サーハディは、爆撃を受けて廃墟と化していた。地雷を踏まないよう慎重に歩みを進め、アルカイダが残していった大学ノートを拾い上げてみると、そこにはアラビア語と2つのアフガニスタンの言語で、敵の奇襲法や、肥料と燃料油を使った爆弾の製造法などが書かれていた。

 夜はカンダハル知事邸の離れの建物に泊まった。家具が何も置かれていない部屋の、床の上でじかに眠り、過酷な抑圧的支配の終焉を祝うアフガン国民について記事を書き、衛星電話を使って故郷へ送信した。

 イスラム原理主義のタリバン政権下にあったアフガニスタンは、その年の9月11日、米国で同時多発テロを起こしたアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンをかくまっていたとして、米軍による空爆を受けていた。CIAと米軍に助けられた同盟軍がタリバン政権を倒すまでには2カ月以上かかったが、それでも当時はあっという間の出来事だったように感じられた。

2001年、カンダハルで取材する筆者。この年、米軍はタリバンの拠点を制圧し、その後20年にわたって米国の支援する政権がアフガニスタンを統治した。(PHOTOGRAPH BY DERMOT TATLOW)
2001年、カンダハルで取材する筆者。この年、米軍はタリバンの拠点を制圧し、その後20年にわたって米国の支援する政権がアフガニスタンを統治した。(PHOTOGRAPH BY DERMOT TATLOW)
[画像のクリックで拡大表示]

20年間で17万人以上の人命が失われた

 ところがあれから20年。勢力を取り戻したタリバンがカンダハルとその他の州都を制圧し、首都カブールを手中に収めるまでにかかった期間は、わずか2日だった。

 2021年初めにバイデン米大統領が、同時多発テロから20周年を迎える9月11日までにアフガニスタンから米軍を完全撤退させると表明すると、タリバンは早速国内各地でその触手を伸ばし始める。地方から包囲網を築き、容赦なく都市に迫り、数の上では上回っていたアフガン軍を追い出しにかかった。

 その結果、アフガン全土はいとも簡単にタリバンの手に落ちた。

タリバンがいかに急速に勢力拡大したかを表す2つの地図。濃い茶色の部分が、タリバンに制圧された地域。2021年8月13日時点(左側の地図)で、国の半分以上は既にタリバンが掌握していたが、そのわずか2日後の15日(右側の地図)、首都を含むほぼ全国が制圧され、米国が支援していた反タリバン政権の指導者は国外へ脱出した。(CHRISTINE FELLENZ, NGM STAFF, LAWSON PARKER SOURCE: BILL ROGGIO, FOUNDATION FOR DEFENSE OF DEMOCRACIES)
タリバンがいかに急速に勢力拡大したかを表す2つの地図。濃い茶色の部分が、タリバンに制圧された地域。2021年8月13日時点(左側の地図)で、国の半分以上は既にタリバンが掌握していたが、そのわずか2日後の15日(右側の地図)、首都を含むほぼ全国が制圧され、米国が支援していた反タリバン政権の指導者は国外へ脱出した。(CHRISTINE FELLENZ, NGM STAFF, LAWSON PARKER SOURCE: BILL ROGGIO, FOUNDATION FOR DEFENSE OF DEMOCRACIES)
[画像のクリックで拡大表示]

 米ブラウン大学の戦争経費プロジェクトによると、過去20年間で米国はアフガニスタンに2兆ドル(約220兆円)以上の税金を注ぎ込み、アフガニスタン人を中心に17万人以上の人命が失われたという。全ては、タリバンやそれ以前の支配権力よりも民主的で、平等を重んじ、多くの人に開かれた政権の樹立を助けるためだった。

 それだけの高い代償を支払った後に残ったものは何か。

 8月15日、米国の後ろ盾を受けていたアシュラフ・ガニ大統領が国外へ脱出した後、町は混乱に陥り、銃弾が飛び交った。恐怖にかられた住民たちは、銀行の預金を全て引き出して国外へ逃れようと奔走している。報道によれば、女性や市民リーダーたちは、「懲罰」の脅しを受けているという。米国は、大使館職員を退避させるために軍を派遣し、まるでベトナム戦争末期のサイゴン陥落を彷彿とさせる事態になっている。

次ページ:不正と汚職が横行、米軍に不満の国民も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

米国内で発表された優れた報道・作品に授けられる「ピュリツァー賞」。時代を映す報道写真集の決定版に、2015年までの最新受賞写真を加えた改定版。

定価:4,290円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加