世界最古の貨幣鋳造所が見つかる、2600年前、中国

布銭の鋳造方法

まず、粘土で2つの外型(outer mold)と1つの芯(core)を作る。次に、外型を彫って空洞部(cavity)と、湯口(spure)と呼ばれる溶かした金属の注ぎ口を作る(図A)。外型の間に芯を挟んでひもで縛ると、芯に出っ張り(core pin)があるおかげで薄い隙間ができる(図B)。その後、芯の頭部と本体の区切り目(boundary line)まで溶かした青銅を流し込む(図C)。青銅が冷えたら、外型を壊して完成した硬貨を取り出す。(PHOTOGRAPH AND FIGURE BY HAO ZHAO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー