鳥が謎の大量死、まれに見る規模、米東海岸で進行中

6月13日、米国ワシントンD.C.の野生動物リハビリ施設シティー・ワイルドライフで診察を受けるアオカケスの幼鳥。謎の病気で目が見えなくなっており、後に安楽死させられた。米国東海岸では数千羽の鳥が同様の病気にかかっている。(PHOTOGRAPH BY BELINDA BURWELL D.V.M.)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー