イソギンチャクがアリを食べると判明、予想外の結果

胃の中身をDNA解析、海の生き物がなぜアリを?

2021.07.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イソギンチャクの一種ホワイトプラムドアネモネがアリを食べていたことが判明した。「全く予想していませんでした」と研究者は語る。(PHOTOGRAPH BY GINA KELLY / ALAMY STOCK PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国北西部の太平洋沿岸の海に潜ると、高い確率で幽霊のように白いイソギンチャクの森に遭遇する。ヒダベリイソギンチャクの仲間、ホワイトプラムドアネモネ(学名 Metridium farcimen)だ。

 ホワイトプラムドアネモネは、高さが90センチにもなる世界最大級のイソギンチャクだが、何を食べているのかなど、生態についてはこれまでほとんど知られていなかった。

 食べ物の特定が難しい理由は、ホワイトプラムドアネモネの触手が他のイソギンチャクと大きく異なっているためだ。イソギンチャクと言えば普通は、太くて長い触手を伸ばして獲物を捕らえ、毒を注入して動けなくする。だが、ホワイトプラムドアネモネの触手は細くて小さく、束のように密集している。「とても小さな生物を食べている証拠です」と、米ニューヨーク州立大学バッファロー校の海洋生態学者クリストファー・ウェルズ氏は言う。

 獲物は、イソギンチャクの胃の中で消化されてドロドロに溶けるので、胃の内容物を顕微鏡で見ても、元の生物が何だったのかを判断するのは難しい。そこでウェルズ氏は、DNAバーコーディングと呼ばれる技術を使って胃の内容物を調べることにした。米国ワシントン州のフライデーハーバー港で捕らえた16匹のホワイトプラムドアネモネの胃の内容物を採取し、DNAの断片を分離して、既存のデータベースから一致する種を検索したのだ。

 その結果、カイアシ類、フジツボ、カニの幼生など、予想通り小さな海洋生物のDNAが検出された。だが奇妙なことに陸生の昆虫のDNAも見つかった。ハエやハチなども見つかったが、最も多かったのはアリ。胃の内容物に含まれていた昆虫のDNAのうち98%が、Lasius pallitarsisというケアリのDNAで占められていた。(参考記事:「カニがイソギンチャクのクローン作り共生維持か」

「とても驚きました。全く予想していませんでしたから」と、ウェルズ氏は言う。

 イソギンチャクの胃の内容物を、初めてDNAメタバーコーディングを用いて調べたこの研究は、ウェルズ氏が筆頭著者となり、6月15日付で学術誌「Environmental DNA」に発表された。

次ページ:なぜアリが海に?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。眼には見えないきわめて小さな姿をカメラで覗いてみれば、姿も、色も、生態も、うっとりするほどの世界。28年間、海の神秘を撮る男の渾身の写真集です。

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加