4000年前の木彫りのヘビが出土、古代北欧ではユニーク

フィンランド南西部にある湿地帯の遺跡ヤルベンスオ1で発掘調査を行う考古学者たち。保存状態の良い新石器時代の有機物がいくつも出土しているが、農業用の排水システムが原因で、土壌の条件が変化するリスクにさらされている。(PHOTOGRAPH BY SATU KOIVISTO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー