森の音で動物を守る、ゾウの声や銃声など100万時間分

森を飛び交う音のデータベースが教えてくれること

2021.07.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50台のマイクで、コンゴのヌアバレ・ンドキ国立公園の音を録音する。そこには、ゴリラが胸を叩く音、チンパンジーやゾウの声、そして密猟者の銃声が記録されている。(PHOTOGRAPH BY IAN NICHOLS, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 ゴリラが胸を叩く音、チンパンジーの高い声、ゾウが出す低周波音、そして密猟者による銃声。これらはアフリカ、コンゴ共和国の熱帯雨林に設置した50台のマイクがとらえた、100万時間を超える音声データの一部だ。

 この大規模な音響モニタリングは、米コーネル大学によるエレファント・リスニング・プロジェクトの一環だ。コンゴ共和国北部のヌアバレ・ンドキ国立公園の3分の1ほど、約1200平方キロメートルをカバーしている。

 1999年に設立されたこのプロジェクトの目的は、マルミミゾウの間のコミュニケーションを検知すること、そして密猟を特定することだ。プロジェクトのWebサイトには「音を使ってゾウの個体数、石油探査や伐採の影響を推定し、保護区域での銃による違法な狩猟を定量化する」と書かれている。(参考記事:「マルミミゾウは2021年に「近絶滅種」に」

「私たちが録音してきた音声データを、誰もがより利用しやすくなるよう、何年もかけて作業を進めてきました」と、プロジェクトの指揮をとる行動生態学者のピーター・レッジ氏は語る。そして現在、数え切れないほど多くの森の音が、クラウドプラットフォームを通して世界中の研究者に公開されている。

【音声】チンパンジーは、近くにいるグループに存在を知らせるため、集団で声をあげることが多い。ここにあるように、年を取ったオスが木を叩くこともある。(AUDIO BY ELEPHANT LISTENING PROJECT)

 レッジ氏によると、今回収集した音声データにより、密猟対策の効果も評価できるという。たとえば、レンジャーを訓練するためにパトロール回数が減った2018年初めの3カ月間は、銃声が記録された回数が跳ね上がった。また、密猟が起きていたのは予想よりも奥深い地域だったこともわかり、レンジャーのパトロール戦略の改善につながった。一方でレッジ氏が驚いたのは、コロナウイルスのパンデミック期間中に密猟が増えていないことだった。

 多くの国で密猟対策に多額の費用がつぎ込まれているが、それで密猟が本当に減っているのかが問題だと、レッジ氏は言う。今回の音声データからは、2018年に密猟対策のパトロールを強化したとき、実際に狩猟活動が減ったことが確認できる。(参考記事:「【動画】 夜の密猟対策に画期的な秘密兵器が登場」

次ページ:森に響いた3発の銃声

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物たちのしあわせの瞬間 増補版

親子で寄り添い、食べて、遊んで、恋をする。動物たちの自由でしあわせな姿に、元気をもらえる!世界中の動物たちのしあわせを感じる瞬間を集めた写真集。前作から5年間の新作を追加して発行する増補版です。

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加