南極のゲルラッシュ海峡で、朝日に照らされたシャチの息(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
南極のゲルラッシュ海峡で、朝日に照らされたシャチの息(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 クジラは大きいので、人間を生きたままのみ込めると思われてきた。過去にもそんな物語や伝説は多く残されている。2021年6月には、米国でロブスター漁師がクジラの口に吸い込まれ、その後、吐き出されるという事故がニュースになったばかりだ。しかし実際のところ、ほとんどのクジラは人をのみ込むことができない。

 6月の事故を受けて、ナショナル ジオグラフィックが英国の非営利団体「クジラ・イルカ保護協会(WDC)」のニコラ・ホジンズ氏に話を聞いた。ホジンズ氏によれば、クジラの喉(のど)はそれほど広くないという。

 たとえばザトウクジラの場合、口は3メートルに達しても、喉はせいぜい直径40センチほどしか広がらない。唯一、人間が通る喉を持つのがマッコウクジラだが、基本的に外洋の深い海にいることが多いため、のみ込むどころか、人と出合うことすらめったにない。(参考記事:「クジラの口の中に入ってしまったら人間はどうなる?」

 クジラに関する誤解はまだある。私たちは科学によって正しい知識を身につけることができる。以下、その代表的な誤解とその真相を紹介しよう。(参考記事:「2021年5月号 私たちが知らない「クジラの世界」」

クジラには毛がある

 毛むくじゃらには見えないが、クジラには毛があると、ホジンズ氏は言う。一部のクジラやイルカは、口の周りにひげのようなものが生えて生まれてくる。ただ、水中では役に立たないため、ひげはすぐに抜け落ちる。目に見えるひげがある種は一部だが、そのひげを生む毛包は、ザトウクジラからシロナガスクジラまで、すべてのクジラ種に見られる進化的特徴だ。(参考記事:「クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す」

 クジラは哺乳類。だから、子を乳で育てるし、毛も生えるのだ。

参考ギャラリー:クジラの世界 写真14点(画像クリックでギャラリーページへ)
参考ギャラリー:クジラの世界 写真14点(画像クリックでギャラリーページへ)
ダイバーと出会ったミナミセミクジラ。全長16メートル、体重60トンにまで達する個体もいる。ニュージーランド、オークランド諸島沖の砂に覆われた海底で。(PHOTOGRAPH BY BRIAN SKERRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

クジラは水中では呼吸できない

 哺乳類であるクジラは、「私たちと同じように肺があり、私たちと同じように肺呼吸をします」と、海洋生物学者で「マリン・コンサベーション・ソサイエティ」の理事エミリー・カニンガム氏は言う。人間は鼻と口で呼吸するが、クジラは頭の上にある噴気孔を使う(ヒゲクジラ類には噴気孔が二つある)。「これが、人間でいう鼻の穴のようなものです」と、カニンガム氏。

 英スコットランドにある保護団体「へブリディアン・ホエール・アンド・ドルフィン・トラスト」の教育担当者ピッパ・ガラード氏は、「クジラの呼吸はとても効率的です」と話す。クジラは、自分の呼吸と心拍を「意識的にコントロール」できる。酸素濃度を調節する能力は、とりわけ深海へ潜る種にとっては重要だ。海のなかでは、「心拍数を下げ、脳や心臓、筋肉など体の必要な部分へ酸素を含んだ血液を振り分けることができます」という。

 水中で息を止めていられる時間は、種によって異なる。ミンククジラは15分ほど、マッコウクジラは最長で90分、アカボウクジラの場合2時間以上持ちこたえられる。

次ページ:噴気孔への誤解が生む悲劇、シロナガスクジラの動画も

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2021年5月号

私たちが知らないクジラの世界/地球は海の惑星/サンゴ礁に美しい未来を/地中海に潜り続けた28日/深海の謎に挑む探求者

5月号は「海の世界」を総力特集。独自の方言や習性をもつ集団がいることが最新の研究で分かってきたクジラ。「私たちが知らないクジラの世界」で詳しくレポートします。ほか、地図やグラフィックで世界の海が一目でわかる「地球は海の惑星」、タイタニック号を見つけたロバート・バラードの半生を描く「深海の謎に挑む探求者」など、特別編集号でお届けします。

定価:1,210円(税込)