ごみ埋め立て地に眠る、絶滅動物たちの化石

中新世の100万年を超す期間の多様な化石を発見。スペイン

2021.06.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む
スペイン北東部にあるバルセロナ近郊のごみ埋め立て地、カン・マタで発見されたニセサーベルタイガー(偽剣歯虎)の頭骨化石。この埋め立て地からは、こうした太古の生物の化石が7万点以上も見つかっている。(PHOTOGRAPH BY PAOLO VERZONE)
スペイン北東部にあるバルセロナ近郊のごみ埋め立て地、カン・マタで発見されたニセサーベルタイガー(偽剣歯虎)の頭骨化石。この埋め立て地からは、こうした太古の生物の化石が7万点以上も見つかっている。(PHOTOGRAPH BY PAOLO VERZONE)
この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2021年7月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

スペインのバルセロナ近郊にあるごみ埋め立て地で、古生物学者たちが古代生物の化石を数多く掘り出している。そのなかには、類人猿やヒトの祖先のものも含まれている。

 いてつくほど寒い夜をごみ埋め立て地で過ごそうと思う人はそういないだろう。しかし、古生物学者のジョセップ・ロブレスは人類の進化史に関する貴重な手がかりを探そうと、2019年12月にそんな場所にいた。彼は2カ月近く前から、週に数回、スペインのカタルーニャ州で最大のごみ埋め立て地、カン・マタで夜を過ごしていた。そこでは、ショベルカーが昼夜休みなく、バルセロナとその近郊から出るごみを埋めるための深い穴を掘っている。ロブレスをはじめとする8人の古生物学者たちはシフトを組んで、ショベルカーが掘り出す大量の土を注意深く見張るのだ。

 日中は、不快な腐敗臭に釣られて、カモメの群れが騒がしく集まって来る。掘り出される土は軟らかくて粒子が細かいため、ロブレスが歩くたびに舞い上がった。夜になると、彼はしっかりと重ね着をして、ヘルメットにヘッドランプを装着する。お目当てのものが潜んでいそうな土の塊を見つけると、ショベルカーのオペレーターに手で合図をして掘削作業を中断させ、それをもう少し詳しく調べた。なおも有望そうなら、朝になってから回収できるように、光を反射するアルミホイルで土の塊を包んでおくのだ。

 カン・マタの地下には、中新世の100万年を超す期間(約1250万年前~1120万年前)の多様な化石が眠っている。バルセロナ自治大学のカタルーニャ古生物学研究所(ICP)に所属するロブレスと同僚たちは、2002年以来、その年代の化石を7万点以上も見つけてきた。たとえば、ウマやサイ、シカ、長鼻類と呼ばれるゾウの仲間、ジャイアントパンダの初期の近縁種、世界最古のムササビなどの化石だ。ほかにも、太古の齧歯(げっし)類や鳥類、両生類、爬虫(はちゅう)類の化石が数多く出土している。

カン・マタで見つかった動物の骨や歯の化石。上から、絶滅したブタ、ネズミジカ、ゾウガメ、古代のゾウの近縁種のものだ。化石に含まれる元素の同位体は、降水量や気温の変化など、過去の気候を知る手がかりになる。炭素同位体からは、その個体がどんな植物や獲物を食べていたかもわかる。(PHOTOGRAPH BY PAOLO VERZONE)
カン・マタで見つかった動物の骨や歯の化石。上から、絶滅したブタ、ネズミジカ、ゾウガメ、古代のゾウの近縁種のものだ。化石に含まれる元素の同位体は、降水量や気温の変化など、過去の気候を知る手がかりになる。炭素同位体からは、その個体がどんな植物や獲物を食べていたかもわかる。(PHOTOGRAPH BY PAOLO VERZONE)

次ページ:カン・マタにおける最も重要な発見

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年7月号

猛暑の世界を生き抜く/日陰もない格差社会/黄金熱に沸く天空の鉱山/ケニア 自然保護の未来/ごみ埋め立て地の化石

地球温暖化で、猛暑下での生活を余儀なくされる人々が増えています。特集「猛暑の世界を生き抜く」では、環境に配慮しつつ、快適に暮らすための方策を探ります。このほか、日陰もないロサンゼルスの格差社会、南米ペルーのゴールドラッシュ、ごみ埋め立て地から続々発見される貴重な化石などの特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む