ほぼ盲目のげっ歯類、闇夜で音を発して周囲を「見る」

モスクワ動物園のホソオトゲヤマネ。非常に高い音で鳴き、その反響音を聞いて周囲の状況を把握する「反響定位」ができる。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー