白菜やキャベツのルーツはどこ? アブラナ属の謎をDNAで解明

カブやチンゲン菜、白菜などの原種であるブラッシカ・ラパは、アフガニスタンとパキスタンの国境に近い山地が原産で、数千年前に栽培化された。(PHOTOGRAPH BY HENRIK KETTUNEN, ALAMY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー