ウェディングケーキが高層化したのはなぜ? 英国王室と深い関係

19世紀英国、ビクトリア女王のケーキは重さ130キロもあった

2021.07.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビクトリア女王のウェディングケーキの上には、英国を擬人化した女性ブリタニアが飾られていた。多色石版。(BRIDGEMAN/ACI)
[画像のクリックで拡大表示]

 現代の結婚式の定番と言えば、何層にもなった豪華なウェディングケーキを思い浮かべる人も多いだろう。新郎新婦がケーキにナイフを入れる場面は、絶好の撮影チャンスだ。

 実はこのウェディングケーキ、19世紀の英国王室と深いかかわりがある。とはいっても、ウェディングケーキ自体は古くからあった。古代ローマ時代には子宝や豊穣を祈り、花嫁の頭の上で硬いビスケットのようなものを砕く慣習があったほか、中世イングランドでは新郎と新婦が小さなパンケーキをたくさん重ねたような菓子の頂上越しにキスをしていた。

 こうした伝統が今のようなウェディングケーキに置き換わったきっかけが、1840年に行われた英国のビクトリア女王とアルバート公子との結婚式だ。このとき出されたのは3層からなる大きな英国式プラムケーキで、高さ35センチ、重さ130キロ以上もあった。

ケーキにナイフを入れる花嫁。1900年の英国の色版図。(BRIDGEMAN/ACI)
[画像のクリックで拡大表示]

ウェディングケーキ誕生の歴史

 特に斬新だったのはケーキの高さだ。このころの伝統的な英国のケーキは、ほとんどが1層だった。食の歴史の専門家は、当時人気になっていたフランス風のケーキを女王が望んだのではないかと考えている。ケーキがより高く、装飾的になり始めたのは18世紀、革命前のフランスにさかのぼる。フランス革命の後には、そのような菓子職人やパティシエがフランスから英国に渡り、上流階級にもてはやされるようになった。

 別の説もある。18世紀初め、ロンドン大火で焼失したセント・ブライズ教会を建築家のクリストファー・レンが再建させたとき、ロンドンのパン職人が教会の尖塔に着想を得て背の高いケーキを作ったという説だ。ただし、人類学者のサイモン・R・チャースレイは著書『ウェディングケーキの文化史』の中で、この説に疑問を投げかけている。「背が高いケーキの起源をなんとかして、18世紀末に大陸の菓子職人がやってくる前の英国に見ようとしている」

参考記事:100年前の写真で見る世界の婚礼衣装17選(画像クリックで該当記事へ)
刺しゅうが施された伝統衣装とベールをまとう花嫁。1914年、パレスチナで撮影。(PHOTOGRAPH BY AMERICAN COLONY PHOTOGRAPHERS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

次ページ:ますます大きく華やかに

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路

世界各地の宮殿廃墟を訪れ、栄光から没落へと至った物語を、美しい写真と簡潔な文章で綴った写真集。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加