米国で競走馬のドーピングが絶えないのはなぜか?

ケンタッキーダービー優勝馬が禁止薬物、米国競馬界の問題点は

2021.06.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレーニングの後、水浴びする、ケンタッキーダービーの優勝馬メディーナスピリット。レース後の検査で禁止薬物の陽性反応が出た。(Photograph by Rob Carr,Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年5月1日に行われた米国競馬クラシック3冠の第1戦、ケンタッキーダービーで1位になったメディーナスピリットが、レース後の検査で禁止薬物の陽性反応を示した。調教師のボブ・バファート氏は、治療のために抗真菌軟膏を使ったことを認めたが、この軟膏にステロイド抗炎症薬ベタメタゾンが含まれているとは知らなかったと主張した。

 米国競馬界では、こうしたスキャンダルが増加傾向にある。2020年、ドーピングに関わったとして米国政府に起訴された調教師、獣医、医薬品販売業者は、25人以上にのぼった。2019年にジョッキークラブが発表した報告書では、サンタアニタパーク競馬場で22頭の競走馬が相次いで死んだことを挙げつつ、不適正な薬物使用が重大な問題であるとして競馬界の改革を求めている。(参考記事:「実は危険な競馬、米国では年間約500頭が死亡」

 米国競馬界における薬物使用の問題は複雑だ。使用時期と用量によっては完全に合法になる薬物もある。州によって規制が異なるために混乱が生じ、それが同時に抜け道にもなっている。問題点と2022年に改善が期待される理由を解説しよう。

競馬でドーピングとされるのは?

 競馬でも、人間のスポーツ選手の場合と同様に、テストステロンなどを増加させるタンパク同化薬や、筋肉に送られる酸素量を増やす血液ドーピングなどは全面的に禁止されている。

 しかし、数百もの治療薬が競走馬の世話のため普通に使用されており、これが足を速くしたりけがを隠したりするため不正に使用されることがある。

「薬物と言ってもさまざまです」と話すのは、薬物規制標準化委員会(RMTC)理事長兼COOのメアリー・スコレイ氏だ。「大変恐ろしいものもあれば、まったく害のないものもあります」

 レース当日の薬物の使用はほとんどの国で禁止されているが、米国では伝統的に一部の薬物の使用が認められてきた。その使用がドーピングに当たるかは、用量や投与のタイミングなどで判断される。

 馬がどんな場合に、どうやって治療すべきかは長年議論されていると、競馬の薬物検査を行っているペンシルベニア大学馬薬理学研究所の所長、メアリー・ロビンソン氏は言う。「調教師と獣医の間で、必ず話し合う必要があります。人が薬の服用による効果とリスクについて医者と話し合うように、動物の患者についても同じことをすべきです」

乱用されがちな薬物とその理由

 競馬界で最も論議を呼んでいる薬物のひとつがフロセミドだ。一般にはラシックスの名で知られる。人間の場合は、心不全、肝疾患、腎障害などがある患者の体液貯留を防ぐ目的で使用される。米国のほとんどの競走馬では、これが肺出血を予防するという名目で、レース当日に投与されてきた。しかしフロセミドには利尿作用があるため、馬の体重を減らす効果もある。つまり、より速く走れるようになるのだ。

 フロセミドを使用する調教師は、これを投与しないのは非人道的だと主張する。しかし反対者は、他のほとんどの国で、投与されていない馬が問題なくレースを行っていると指摘する。2019年に、クラシック3冠が行われる競馬場を含む米国の主要競馬場の連合が、2021年からレース当日のラシックス使用を禁止することで合意した。

次ページ:痛みを軽減する薬はなぜよくないのか

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界一の動物写真 増補改訂版

世界最高峰のネイチャー写真賞「ワイルドライフフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」50周年を記念して出版した「世界一の動物写真」のアップデート版。

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加