90%のサメが消える事件が1900万年前に発生、原因不明

フィリピン沖に生息するオナガザメの一種のニタリ。新たな研究により、こうした外洋性のサメは1900万年前に激減していたことが明らかになった。(PHOTOGRAPH BY BEARA CREATIVEM, ALAMY STOCK PHOTO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー