政府推奨のコロナ伝統療法、医師から非難の声続々、インド

アーユルベーダ医学の薬草療法がワクチン不足で無料に、効果は不明

2021.06.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーユルベーダ薬
新型コロナウイルス検査を受けに集まった人々に、アユシュ省(インド伝統医療省)の医療スタッフがアーユルベーダ薬を配布する。2020年5月7日、インド、グルグラムで。 (PHOTOGRAPH BY PARVEEN KUMAR, HINDUSTAN TIMES VIA GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスの流行が世界最悪レベルのインド。酸素も医薬品もワクチンも不足するなかで奮闘する全国各地の医師たちは、6月2日、一斉に黒い腕章をつけて、インドで最も有名なヨガ伝道師ババ・ラムデブ氏の逮捕を要求した。

 ラムデブ氏はテレビにもよく登場する伝統薬企業の創業者だ。新型コロナ感染症に対する効果が実証されていないにもかかわらず、薬草やヨガによる治療を宣伝する一方、現代医薬を「馬鹿げている」と言い、インド国内で数十万人が新型コロナで死亡したのは現代医学のせいだと非難している。

 だが、ラムデブ氏は決して異端の存在ではない。それどころか、ヒンドゥー民族主義を掲げるインド人民党(BJP)政権と密接なつながりがあり、保健相にも支持されている人物だ。2020年のパンデミック(世界的大流行)発生以来、モディ首相率いるインド政府は伝統医学「アーユルベーダ」を熱心に奨励してきた。

 アーユルベーダはヒンドゥー教と深い関係にあり、5000年の歴史を持つ。植物由来の薬、ヨガ、食事療法、行動の変化などを利用して心身を治療する。インドでは現在も数億人が生活に取り入れているほか、インド政府の新型コロナ対策指針にも予防や治療の方法として盛りこまれている。

 最近、薬剤の不足によりワクチン接種が停滞したため、インド政府は「AYUSH64」というアーユルベーダ薬を無料で配布し始めた。4種類の薬草から作られており、効果は実証されていないが、政府は「抗炎症作用と免疫調整作用」があると主張している(この錠剤の名は、伝統医学を管轄するアユシュ省に由来するが、「長寿」の意味もある)。一部の与党議員や宗教団体は、ウイルスから身を守るためだとして、牛の尿を飲んだり、牛の糞を体に塗りつけることまで推奨した。

 だが米紙ニューヨーク・タイムズによれば、インドでは6月2日の時点で新型コロナの「第2波」による死者が33万5000人に達した。この現状を受けて、現代医学の医師たちだけでなく、一部の著名なアーユルベーダ施術者からも、有効性を示す科学的根拠がない代替医療に非難の声が上がっている。

次ページ:乏しい根拠

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,860円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加