【動画】2000枚の世界の旗が次々と
(閲覧注意:またたく映像が続きます。光過敏性発作の恐れがある人はご注意ください)

 ゾウ、城、ライオン、ワシ、星、大木、剣、王冠──。これらはすべて旗に使われているモチーフだ。

 一見すると、なんの脈絡もないように思えるかもしれない。だが、旗にはある種の体系が存在する。旗章学という研究分野がある。旗や紋章のシンボルや意味、デザインなどを体系的に研究する学問だ。

 旗は世界中で人々の意識をまとめ、時とともに進化してきた。その歩みと多様性を表現すべく、映像作家のダニエル・マッキー氏はウィキペディアから2000を超える旗を選び出し、色やデザインをもとに並べてみた。

 ベートーベンのピアノソナタ「月光」第3楽章にあわせて展開するのは、よく知っている旗から珍しいものまで、何世紀にもわたる旗たちだ。メロディーとリズムに乗って展開してゆく様子はなるほどと思わせる。まとめて見てみると面白かったり、発見が多々あったりするものがあるが、旗もそのひとつなのだろう。

 もちろん、日本の国旗も使われている。動画では一瞬なのでお見逃しなく。

世界中で人々の意識をまとめ、時とともに進化してきた旗。その歩みと多様性を表現すべく、映像作家がユニークな動画を制作した。

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

旗の大図鑑

国旗から信号旗・レース旗・海賊旗まで

国旗、域旗、信号旗、レース旗、社会運動の旗、海賊旗、国際機関の旗……。 古今東西の多様な旗の世界を逍遥する、愉しみに満ちた一冊。

定価:3,410円(税込)

訳=ナショナル ジオグラフィック日本版