古代ギリシャ、アテネの黄金時代に終止符を打った謎の疫病

「古都の疫病」と呼ばれる、ミヒャエル・スウェールツの油彩画(1652年頃)。紀元前430年に発生したアテネの疫病を描いたものだと解釈する学者もいる。(CHRISTIE’S IMAGES/SCALA, FLORENCE)

【元の記事へ戻る】