インド、アッサム州グワハティのコビトイノシシ繁殖センターで飼育されているコビトイノシシ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ヒマラヤ山脈の麓に広がる草原に、絶滅危惧種のコビトイノシシ(Porcula salvania)が暮らしている。子イノシシはポケットに入るほど小さく、おとなでも体高25センチほどしかない。用心深いイノシシで、かつてはインド、ネパール、ブータンの国境地域に生息していた。

 しかし、農地への転用など生息地の草原が100年にわたり破壊された結果、コビトイノシシは壊滅的な打撃を受けた。絶滅した可能性が高いと広く考えられていたが、1971年に「再発見」された。

 1990年代半ばになると、自然保護団体が野生のコビトイノシシを捕獲し、飼育下での繁殖を開始した。少数の野生個体群が生き残っていたインド北東部のアッサム州に戻すためだ。(参考記事:「実は賢くて多才なブタ、絵も描ける」

 それから約25年。保護活動は実を結んでいると専門家は言う。2008年から2020年にかけて、いずれもアッサム州にあるマナス、オラン両国立公園、およびバルナディ、ソナイルパイ両野生生物保護区に、合わせて130匹のコビトイノシシが放たれた。現在、野生に300〜400匹、飼育下に76匹が暮らしており、数は増え続けているようだ。

 今後5年以内には、少なくとも60匹をマナスに放つ計画があると、アッサム州で活動する「コビトイノシシ保護プログラム」のプロジェクト責任者パラグ・デカ氏は言う。「活動を継続し、この種を絶滅から救うことは、私にとって非常に重要です。私たちは皆、人生の目的を探すべきです。このプロジェクトに参加したとき、これが私にとっての人生の目的になると確信しました」

特別なイノシシ

 世界には17種のイノシシが存在し、そのほとんどが絶滅危惧種だ。しかし、コビトイノシシが特別なのは、体の小ささだけではない。Porcula属に分類される唯一の種であるという、進化上の独自性があるためだ。

「もしこの種がいなくなれば、1つの属と数百万年の進化が一瞬にして失われます」と、国際自然保護連合(IUCN)イノシシ専門家グループのアジア担当コーディネーター、マシュー・リンキー氏は説明する。

次ページ:豚熱の危機からも救った保護プログラム

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

絶滅動物図鑑 地球から消えた生き物たち

カンブリア紀の不思議な生き物から人類の祖先まで全87種を、豊富なイラストとわかりやすい解説で堪能するビジュアル図鑑。

定価:3,300円(税込)