周期ゼミの大量発生、実は3種、鳴き声も違う

3種の鳴き声を聞いてみよう

2021.05.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年は、米国で周期ゼミが大量発生する年だ。17年ぶりに出現するその集団は「ブルードX(テン)」と呼ばれ、合計数兆匹が羽化すると言われる。(参考記事:「自然の驚異を楽しみたい、17年ごとに大量発生する米国の周期セミ」

 周期ゼミの中で発生する年が同じものをまとめて「ブルード」と呼ぶが、今年のブルードXには、3種のセミが属している。米国東部を中心に発生するが、場所によって、3種とも現れるところもあれば、ある種が優勢なところもある。

ブルードの3種すべての鳴き声
(Sound: Greg Holmes)

 ブルードXに属するセミがどの種かを見分けるには、下腹部を見ればいい。オスもメスも、オレンジ色の縞模様の有無とその太さで識別できる。

[画像のクリックで拡大表示]

 オス、メスともに、羽化してからの寿命は短い。しかし目的は共通で、繁殖相手を見つけ、子孫を残すことだ。セミが盛んに鳴くのもそのためで、求愛するオスが声を合わせて鳴くことで、遠くにいるメスを引き寄せることができる。

 鳴き方は種によって異なり、Magicicada septendecula のオスは、短い音を連続してたてる。

Magicicada septendeculaは短い音を繰り返す
(Sound: Greg Holmes)

 Magicicada cassiniはまた違った鳴き方で、大きな音のあと、短い音が何度も繰り返される。鳴き方の違いから、メスは同じ種のオスを見つけて繁殖できる。

Magicicada cassiniは大きな音のあとに短い音を繰り返す
(Sound: Greg Holmes)

次ページ:だんだん早くなる求愛の鳴き声

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第1集 生き物の原型が作られた(古生代~中生代 三畳紀)

古生代、中生代、新生代を俯瞰し、生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大なドキュメンタリー。第1集「生き物の原型が作られた」では、地球誕生から古生代、中生代 三畳紀までを網羅。

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加