ハワイ王国最後の「悲劇の女王」、リリウオカラニの物語

ハワイ最後の女王、リリウオカラニ。1895年にプランテーション所有者たちの陰謀によって退位させられてから、20年以上が経過したころの写真。補償を求めて闘い続けた結果、1911年にハワイ準州から終身年金が与えられることになった。世界中で親しまれる名曲「アロハ・オエ」の作者としても知られる。(PHOTOGRAPH VIA LIBRARY OF CONGRESS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー