アフリカ最古のヒトの墓を発見、被葬者は子ども、7万8000年前

頭を枕に乗せ、体を包んで穴に安置、埋葬の儀式の起源を解き明かす鍵に

2021.05.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケニアの洞窟で見つかった約7万8000年前のホモ・サピエンスの頭蓋骨。2、3歳の子どもの骨であり、スワヒリ語で「子ども」を意味する「ムトト」という愛称で呼ばれている。写真は頭蓋骨の左側。下顎骨がそのまま残っていて、写真左下に歯根が十分に発達していない2本の未萌出歯があるのがわかる。(PHOTOGRAPH BY MARÍA MARTINÓN-TORRES, NATIONAL RESEARCH CENTER ON HUMAN EVOLUTION (CENIEH))

 ケニアの洞窟で、約7万8000年前の現生人類(ホモ・サピエンス)の墓が発見された。アフリカで見つかったものとしては最古だ。そこには誰かが注意深く埋葬した2、3歳の子どもの遺体が納められていた。論文は5月5日付けで学術誌「ネイチャー」のオンライン版に発表された。

 中東やヨーロッパでもっと古い墓が報告されているが、アフリカでの今回の発見は、埋葬用に掘った穴に遺体を埋め、土で覆ったことが明確にわかる墓としては世界最古の例の1つだ。

「これはまぎれもなく墓であり、年代もはっきりしています。とても早い時期のもので、印象的です」と、旧石器時代の埋葬の専門家である英ダラム大学のポール・ペティット氏は称賛する。なお、氏は今回の研究には参加していない。

骨の位置関係のずれに基づき、子どもは頭の下に枕のようなものを置いて埋葬され、のちに枕は分解されたと考えられている。(ILLUSTRATION BY FERNANDO FUEYO)

 この遺骨は、スワヒリ語で「子ども」を意味する「ムトト(Mtoto)」という愛称が付けられており、初期のヒトの心の動きを垣間見せてくれる貴重なものでもある。アフリカではこれまでに、もう少し新しい時代の子どもの墓が2つ見つかっている。大陸全体で3例しかないため十分な数とは言えないものの、ペティット氏は、儀式としての埋葬の発展を理解する上で、死者の年齢は特に重要であると考えている。

パンガ・ヤ・サイディ洞窟で発見された化石と、骨格の復元図を重ねたもの。骨と周囲の土を顕微鏡で分析した結果、この子どもは死後すぐに意図的に埋められたことが確認された。(IMAGE BY JORGE GONZÁLEZ GARCÍA, UNIVERSITY OF SOUTH FLORIDA AND ELENA SANTOS, UNIVERSITY COMPLUTENSE OF MADRID)

「現代の狩猟採集民は、死は自然な現象で避けられないものだと考えています」と氏は言う。「けれども2つの例外があります。外傷による死と乳幼児の死です。早すぎる死は不自然な現象であり、通常とは違った方法で印を残さなければならないという意識の芽生えが(これらの子どもの墓から)見えてきたと言えるのかもしれません」

8万年にわたり利用されてきた洞窟

 ムトトの墓は、ケニアの海岸の断崖絶壁に沿って広がる巨大な「パンガ・ヤ・サイディ洞窟」で見つかった。この洞窟では、ナイロビにあるケニア国立博物館と、ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所が中心となって、2010年から発掘調査が行われている。

 この洞窟ではこれまでに、石器、貝殻ビーズ、屠殺された動物の骨などが数万点も出土しており、アフリカ中期石器時代だった8万年前から現代まで、人類がここを継続的に利用してきたことがわかっている。

「ここは常に人が住みやすい環境でした。人が完全にいなくなることはありませんでした」とマックス・プランク研究所のマイケル・ペトラグリア氏は言う。

次ページ:「すべてが正しい位置にありました」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

人類史マップ

サピエンス誕生・危機・拡散の全記録

人類がどのように生まれ、危機の時代を過ごし、世界各地へ拡散していったのかを、様々な考古学的データをもとに再現。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加