ルイ15世の「金羊毛騎士団」の記章。ここまで豪華な装身具はそうはないだろう。写真の復元品のように、ブルーダイヤモンドの「フレンチブルー」や竜の形をした赤い尖晶石の「コート・ド・ブルターニュ」といった有名な宝石が使われていたが、1792年に盗難にあい、宝石は取り外された。多くのパーツは失われたものの、コート・ド・ブルターニュは回収され、現在はルーブル美術館に所蔵されている。(MANUEL COHEN/AURIMAGES)

 美しい青色が際立つ世界最大のブルーダイヤモンドが最初に姿を消したのは、革命の最中にあった1792年のパリだった。それ以来、このダイヤモンドはまるで幽霊のようにヨーロッパ各地に現れては消え、やがて大西洋を渡って米国にも出没する。比類なき美しさと価値ゆえに、2世紀以上にわたり謎に包まれていた伝説の宝石の物語を紹介しよう。

 この宝石の産地はインドで、17世紀にフランスに持ちこまれ、重さはなんと115カラットもあった。宝石学的に見ても珍しい重さだ。

 美しく青きダイヤモンドは、フランス国王ルイ14世の目にとまる。1668年に購入したルイ14世は、「朕は国家なり」とのたまわった“太陽王”にふさわしいシンボルとすべく、69カラットにカットさせ、輝きを増したダイヤを金の台座に留めて、日差しを受けた時のきらめきが映り込むようにした。

 その後、1749年ごろ、ルイ14世の曾孫にあたるルイ15世は、カトリックの騎士団である「金羊毛騎士団」の記章にこのダイヤをつけ直した。こうしたいきさつから、この宝石は「フレンチブルー」と呼ばれるようになる。

【関連ギャラリー】ギャラリー:世界最大のブルーダイヤモンドの数奇な運命 画像6点(写真クリックでギャラリーページへ)
フランスの戴冠用宝玉(国家的式典などで王が身に付ける宝飾品)は、1530 年にフランソワ1世が定めたものだ。しかし、王室が資金を得るために徐々に売りに出したことで、コレクションは縮小していった。1600年から1700年代になると、ルイ14世やルイ15世(図)は、豊富な資金を活用してコレクションを充実させた。このコレクションは、1870年代にフランス第三共和政の時期に売却されるまで続いた。(G. BLOT/RMN-GRAND PALAIS)

革命下で盗難、賄賂説も

 40年後、フランスは革命の波に翻弄される。1791年には、ルイ16世とマリー・アントワネットが逃亡を企てようとして逮捕された。国王が投獄されたことで、王室の宝物は新政府に引き継がれることになった。しかし1792年9月中旬、パリで暴動が起きるなか、窃盗団が宝物庫に侵入し、5日間でほとんどの宝石が盗まれた。(参考記事:「フランス革命の発火点 民衆に襲撃された監獄とは?」

 窃盗団の一員で士官候補生だったギヨー・ロードンナーは、金羊毛騎士団の記章を持ってパリを脱出した。この男はロンドンに渡り、フレンチブルーと「コート・ド・ブルターニュ」と呼ばれる竜の形に加工された赤い宝石を取り外し、コート・ド・ブルターニュを亡命していた君主制主義者のフランス人に売ろうとした。

 しかし、企ては失敗し、ロードンナーは債務者監獄に収監される。のちにコート・ド・ブルターニュは、盗まれたほとんどの宝物とともに回収されたが、フレンチブルーの行方はわからなくなった。

 編年史家の中には、フレンチブルーをロンドンに運んだのはロードンナーではなかったと考える者もいる。海を渡ったのはそれよりもかなり後とする、まるで政治怪奇小説のような一説の筋書きはこうだ。

次ページ:時効とともに現れた謎の青いダイヤ

おすすめ関連書籍

魅惑の財宝伝説

失われた黄金と宝石の謎

きらめく宝石、燦然と輝く黄金――。太古の昔から人々を魅了してやまない財宝の数々。現代に語り継がれる財宝とそれを追い求める人々の物語を、美しい写真を交えて紹介します。

定価:1,540円(税込)