私たちが知らない「クジラの世界」

独自の方言や習性をもつ集団が存在することがわかってきた

2021.04.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む
クジラの文化
カナダ北極圏のサマセット島近海では毎夏、2000頭近いベルーガ(シロイルカ)が子育てをし、「おしゃべり」を楽しみ、仲間や家族と移り変わる群れを成して泳ぐ。クジラやイルカの多くの種は人間と同様、文化的伝統をもっているのではないかと、科学者たちはみている。(PHOTOGRAPH BY BRIAN SKERRY)

この記事の写真撮影は、フィリップ・スティーブンソン財団とフォーカスト・オン・ネイチャーの助成も受けています。
この記事は、 雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2021年5月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。ディズニープラスでは映像作品「クジラと海洋生物たちの社会」 を配信中です。

クジラやイルカのなかには、独自の方言や習性をもつ集団が存在することがわかってきた。それは、人間のように文化をもっている証しなのだろうか。

 シャチの目線で海の中を見てみたい。

 そんな目的をもっていた若い生物学者、ジョン・フォードは1978年夏、カナダ南西部バンクーバー島の砂利の浜辺にいた。ウェットスーツ姿でシュノーケルを装着して待っていたフォードは、岸に向かってくるシャチの群れが見えると、すぐさま海に入った。シャチは水深3メートルほどの浅瀬まで来たところで、スピードを落とし、体を横向きにした。体の一部を水から出し、尾びれをパタパタ動かして、体をくねらせた。そして1頭、また1頭と、海底の砂利に体側や腹をこすりつけ始めた。

さまざまな行動
浅い入り江では、ベルーガの行動を観察しやすい。左のおとなのように頭を海面に出したり、隣の子のように尾びれを振ったりする。海底に体をこすりつけて、古い皮膚を落とすこともある。(PHOTOGRAPH BY BRIAN SKERRY)

 シャチは分類上はマイルカ科に属する最大のイルカだ。現在66歳のフォードはシャチを研究して40年余りになる。海底に体をこすりつける行動「ビーチ・ラビング」も、あの夏以降、数え切れないほど見てきた。なぜこんな行動をするのか。確証はないものの、仲間との絆づくりのためではないかと、フォードは考えている。それよりも大きな謎がある。この海域のシャチはビーチ・ラビングをするのに、すぐ南の海域にいるシャチはそうした行動をしない。二つのグループは見たところ、これといった違いはないのに、なぜなのか。

 ビーチ・ラビングをするシャチは、夏と秋はカナダ本土とバンクーバー島の間の内海にいるため、ノーザン・レジデント(北部定住型)と呼ばれている。一方、この海域のすぐ南、米国ワシントン州との国境地帯の沖合にいる、サザン・レジデント(南部定住型)と呼ばれるシャチでこの行動は一度も観察されていない。

 南のシャチはそれに代わる独自の行動を見せる。きちんと列を作って向かい合い、「あいさつの儀式」をしてから、水中で体をこすり合わせ、鳴き交わすのだ。北のシャチがこうした行動をとることはほとんどない。南のシャチは死んだサーモンを頭で突き回す姿が目撃されている。北のシャチはそういう行動はしないが、互いに頭突きをすることは時々ある。

 両者は「言葉」も違う。北のシャチは長く甲高い金切り声を出すが、南のシャチはそこに、ホーホーというサルのような声とガチョウのような鳴き声が加わる。聞き慣れたフォードの耳には、音の高低や抑揚など、まるで中国語とスワヒリ語のように違って聞こえるという。

 とはいえ、そうした違いを除けば、北と南のシャチはほとんど区別がつかない。1年のうち何カ月も隣り合った海域にいて、お互いの生息域は一部重なり合っている。両者は遺伝子もほぼ一致し、どちらも魚食性で、おおむねキングサーモンだけを食べる。世界には遺伝的にさまざまなタイプのシャチがいて、北太平洋から南極周辺の海域まで食性も異なり、サメ、ネズミイルカ、ペンギン、マンタを食べるシャチがいるにもかかわらずだ。

ごちそうを追う
ノルウェーのフィヨルドで、シャチがニシンの群れを追う。捕食行動は集団によって異なり、魚の群れを囲い込む集団もあれば、サメやアザラシを捕食する集団、サケだけを食べる集団もある。こうした行動は代々伝えられ、文化としての側面もあると考えられている。(PHOTOGRAPH BY BRIAN SKERRY)

 ほぼ同じ海域に生息し、遺伝的にもほとんど差異がない二つのグループが、なぜか声や行動はまったく異なる。これが何を意味するか、フォードと少数の同僚たちは何年も前から気づいていたが、公の場で語ることはなかった。複雑な社会的動物であるシャチは、本能だけに突き動かされているのではないかもしれない。シャチは環境と遺伝子だけではない、何らかの別の要因で獲得した独自の特徴を仲間同士で共有し、次世代に伝えてきたのだろうか。もっと言えば、クジラやイルカが独自の「文化」をもつなどということがありうるのか。

次ページ:海の中で起きている知られざるドラマ

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年5月号

私たちが知らないクジラの世界/地球は海の惑星/サンゴ礁に美しい未来を/地中海に潜り続けた28日/深海の謎に挑む探求者

5月号は「海の世界」を総力特集。独自の方言や習性をもつ集団がいることが最新の研究で分かってきたクジラ。「私たちが知らないクジラの世界」で詳しくレポートします。ほか、地図やグラフィックで世界の海が一目でわかる「地球は海の惑星」、タイタニック号を見つけたロバート・バラードの半生を描く「深海の謎に挑む探求者」など、特別編集号でお届けします。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む