持続可能な街づくりで評価 米コロラド州デンバー

「いつか訪れたい旅先25 2021年版 再び旅立つ日を信じて」第20回

2021.04.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アステカ民族の伝統舞踊。米国コロラド州デンバーで毎年開催されている人気のストリートアートフェスティバル「CRUSHウォールズ」で2019年に撮影。メキシコ中部に起源を持つこのダンスは祖先への敬意、地球、動物、時間、風習との関係を表現している。(PHOTOGRAPH BY REBECCA STUMPF)
アステカ民族の伝統舞踊。米国コロラド州デンバーで毎年開催されている人気のストリートアートフェスティバル「CRUSHウォールズ」で2019年に撮影。メキシコ中部に起源を持つこのダンスは祖先への敬意、地球、動物、時間、風習との関係を表現している。(PHOTOGRAPH BY REBECCA STUMPF)

 新型コロナによる財政問題にも負けず、米コロラド州の州都デンバーは再生可能エネルギーによる電力を100%実現するという目標に向かって力強く前進している。例えば、2021年に市の駐車場や屋上、空き地にソーラーガーデンを設置し、2023年までに約200キロの自転車専用道路を整備するなど、先進的な取り組みを行っている。

「クリーンエネルギー経済への投資は私たちのコミュニティーの強化、二酸化炭素排出量を含むさまざまな問題への対処につながります」と話すのは、デンバー市の気候変動対策・持続可能性・回復力局を率いるグレース・リンク氏だ。公共施設や車の充電ステーション、近隣の低所得地域にクリーンエネルギーを供給するだけでなく、建設に伴って雇用を創出し、有料のトレーニングプログラムを提供する。

 気候変動対策と持続可能性。この2つを経済的繁栄と社会正義に結び付けた活動を評価され、デンバーは「LEED for Cities」のプラチナ認証を取得した。環境に優しいソリューションを実践することで、事業主もこうした取り組みへの参加ができるよう、デンバーでは独自の認証「Certifiably Green Denver」を通じて、オーダーメイドの持続可能性計画を無償で提供している。

 このサポートによって、デンバーの約2000社の企業が、水やエネルギーの使用量、大気汚染や廃棄物の発生を抑えた、より環境に優しく効率的な事業を展開している。持続可能な食習慣を実践するCertifiably Green認証レストラン「Chook」の共同創業者アダム・シュレーゲル氏は「このような美しい場所に暮らすことができてとても幸運です」と語る。「私たちはそれを財産として守る責任もあるのです」

ギャラリー:いつか訪れたい旅先25 2021年版 再び旅立つ日を信じて(画像クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:いつか訪れたい旅先25 2021年版 再び旅立つ日を信じて(画像クリックでギャラリーページへ)
ニューメキシコ州、米国 6/25
(PHOTOGRAPH BY INGE JOHNSSON, ALAMY)

関連記事:
米国もついに電気自動車の時代へ? バイデン政権が改革
未来を探す米国横断EVの旅
アスペンの森、コロラド州

※「いつか訪れたい旅先25 2021年版 再び旅立つ日を信じて」ほか、旅の記事は「旅・文化の記事一覧」でまとめてご覧いただけます。

米コロラド州都のデンバーは再生可能エネルギーによる電力を100%実現するという目標に向かって力強く前進している。

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=NATIONAL GEOGRAPHIC STAFF/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加