変異株向けのワクチン戦略が望まれる理由、米国は治験を開始

ファイザーは3回接種の治験も、米食品医薬品局は改良型に緊急承認を与えると示唆

2021.04.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
来院者に新型コロナの症状の有無を確認する医療スタッフ。南アフリカ、テンビサのテンビサ病院で。(PHOTOGRAPH BY GUILLEM SARTORIO, AFP VIA GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 変異と進化を続ける新型コロナウイルス――。反撃する「武器」の対応が迫られる中、米国立衛生研究所(NIH)が、新たな変異株を標的とするワクチンの治験を開始した。

 ターゲットとなる変異株は南アフリカで最初に確認された「B.1.351」で、他の変異株と同様、従来株よりも感染力が高いとみられることから、懸念が大きくなっている。最近の研究では、B.1.351がワクチンや新型コロナウイルスへの感染によって得られた免疫防御を回避できることが示されている。NIH傘下の米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、米モデルナ社と協力し、このウイルス用に改良したワクチンの第1相試験で、210人の健康な成人を対象に安全性と有効性を調べる計画だ。(参考記事:「米国で新たなコロナ変異株が急増、危険度は不明」

 モデルナやNIHと同様に、米ファイザー社とドイツのビオンテック社も、変異株向けのワクチンの可能性を模索しているところだが、一方で第2の戦略も念頭に置いている。それは、従来のワクチンを3回接種するというものだ。これは、追加接種をすれば新たな変異株に有効な抗体がより多く産生されるという仮説に基づいている。

 ワクチンのこうした改良は、変異株の影響を抑制する包括的な戦略の一部だ。2021年2月、バイデン政権は、サーベイランスの拡大やウイルスの遺伝情報の追跡などを強化する早期警戒システムに、2億ドル(約219億円)を拠出する決定を下している。

進化をリアルタイムで追う

 未曽有のパンデミック(世界的大流行)は、依然として世界各地で制御不能な状況にある。現状は、新型コロナウイルスが数十億の宿主を持ち、数兆回の複製と変異の機会がウイルスにあることを意味する。

 一般に、ウイルスは変異しても、その多くは消滅するので、それほど心配しなくてもいい。問題となるのは、感染力や重症化率が従来株よりも高い変異株が出現したり、変異株が人体の免疫反応を回避するようになったりするケースで、これは公衆衛生当局が憂慮する事態となる。そしてまさに、現在、世界的に拡大している変異株はこれらが当てはまるため、懸念が高まっているのだ。

「私たちは、超高速リアルタイムでウイルスの進化を目の当たりにしています」。こう話すのは、感染症の専門家で、米メイヨー・クリニックのワクチン研究グループの責任者、グレゴリー・ポーランド氏だ。「変異の多くは、ウイルスの生存力と感染力を低下させるのですが、自然淘汰によってウイルスに都合の良い変異が残るのです」

 たとえば、2020年12月に初めて発見され、英国で猛威を振るった「B.1.1.7」変異株は、従来株よりも感染力と致死率が高い。現在、ヨーロッパ大陸で急速に拡大しており、今後、米国でも感染を広める可能性が高い。

 10月に南アフリカで初めて発見されたB.1.351は、すでに米国の25以上の州で確認されている。ブラジルで感染を拡大させている「P.1」は、2021年1月に米国で初めて感染が確認された。これらの変異株は、従来型の侵入を防ぐ抗体を回避できるように変異しているため、すでに新型コロナに感染したことのある人やコロナワクチン接種済みの人でも、再感染する可能性がある。

次ページ:悪いニュースばかりではない

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル パンデミック・マップ

伝染病の起源・拡大・根絶の歴史

ささいなきっかけで、ある日、爆発的に広がる。伝染病はどのように世界に広がり、いかに人類を蹂躙したのか。地図と図版とともにやさしく解き明かす。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,860円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加