1800年前の鎖かたびら、ゲーム用3DCG技術でリアルに復元

約1800年前の現在のデンマークで、戦いに勝った後、神に捧げるため沼に投げ込まれた重さ10キロの鎖かたびら。「ヴィーモーセ・コート」と呼ばれている。(PHOTOGRAPH BY M.A. WIJNHOVEN)

【元の記事へ戻る】