サバンナゾウ、マルミミゾウの2種ともにアフリカゾウは減り続けている。主な原因は象牙目的の密猟だ。(PHOTOGRAPH BY RONAN DONOVAN)
[画像をタップでギャラリー表示]

 アフリカゾウ2種の生息状況を研究者が初めて個別に評価した結果、厳しい現実が明らかになった。3月25日に発表された国際自然保護連合(IUCN)の「絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト」の公式評価で、サバンナゾウが絶滅危惧種(Endangered)、マルミミゾウが近絶滅種(Critically Endangered)に指定された。IUCNのレッドリストは、絶滅のリスクをまとめたリストの中で、もっとも多くの種を網羅したものだ。

 長い間、ゾウはアフリカゾウとアジアゾウの2種だけだと考えられてきた。しかし実際には、アフリカゾウは2つの種に分類できる。片方のサバンナゾウ(Loxodonta africana)は大柄で、湾曲した牙を持ち、サハラ以南のアフリカの平原に生息する。もう片方のマルミミゾウ(Loxodonta cyclotis)は小柄で、ほぼまっすぐな牙を持ち、中央アフリカから西アフリカにかけての熱帯林で暮らす。

「どちらの種も、減少の最大の要因が密猟である点は、今も変わりません」。IUCNでゾウの保護と管理を担当する専門家グループのメンバーであり、今回の新たな評価を主導したキャスリーン・ゴブシュ氏はそう述べる。(参考記事:「ゾウの密猟、地域の貧困と汚職と強く関連、研究」

「今回の評価を通して新たに注意を喚起することで、世界中でゾウを殺したり、象牙を取引したりすることをやめる気運が高まるよう願っています」

 分類学上、マルミミゾウとサバンナゾウを2つの種に分けるべきだという証拠は、2000年代初頭から積み上げられてきた。IUCNが最後にアフリカゾウの評価を発表した2008年の段階では、この2つはまだ単一の種と考えられており、そのときは危急種(Vulnerable)という評価だった。それ以降の研究で、マルミミゾウとサバンナゾウは別種だと認識されるようになった。(参考記事:「1万3000種って何の数字? 」

 アフリカでのゾウの密猟問題が深刻化したのは、2008年の評価以降だ。2016年8月31日付けでオンライン学術誌「PeerJ」で発表された研究によると、アフリカの18カ国では2007年から2014年までの間にサバンナゾウが30%減少した。また、2013年3月4日付けで学術誌「PLOS ONE」に掲載された報告によると、マルミミゾウの個体数は10年に満たない間に62%も減少した。(参考記事:「ゾウ密猟の巣窟2カ所を特定、糞のDNA鑑定から」

 密猟のピークは2011年で、それ以降は場所によっては落ち着いてきている。東アフリカではその傾向が強い。しかし、その他の場所、特に中央アフリカや西アフリカでは、状況は変わらないか悪化している。さらに、人間の活動によってゾウの生息地の環境が悪化したり、失われたりする状態が続いている。(参考記事:「牙のないゾウが増えている、原因は密猟」

「マルミミゾウとサバンナゾウを別の種に分けることは、保護を進める上でプラスに働きます。その影響は計り知れません。2つの種ではそれぞれ、取り巻く課題も、回復に向けた道のりも大きく異なります」と、世界自然保護基金(WWF)でアフリカの種に関する活動を統括しているバス・ハウブレフト氏は述べる。なお、同氏は今回の評価には関与していない。

次ページ:日本を含め象牙取引の停止を

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)