米カリフォルニア州の夕暮れ時、ハヤブサが空を舞うと、ホシムクドリの群れは「コルドン(非常線)」と呼ばれる密集した動きをする。(PHOTOGRAPH BY NICK DUNLOP)

 動物が何千、何万と集まっているとそれだけで目を奪われるが、ホシムクドリの群れはなかでも壮観だ。一糸乱れぬバレエダンサーのように、夕暮れの空をバックに動きを合わせ、旋回したり、急降下したり。それは息をのむような美しさで、多くの人が足を止めて見物する。

 ホシムクドリ(Sturnus vulgaris)はユーラシア大陸を主な原産地とするムクドリの仲間で、こうした巨大な群れは、秋から冬にかけて南へ移動する際の休憩地で見られる。この間、ホシムクドリはねぐらの木から1日に約100キロも移動して、植物の種や昆虫、幼虫などを食べ、再び集合し、長ければ45分もの間、群れで飛び回る。

 もちろん、鳥が群れをなして移動するということ自体は何も新しくない。鳥類学者が長年にわたって研究してきたことだ。しかし、ホシムクドリほど協調性と複雑なパターンをもって飛ぶ鳥は他にいない。彼らは時に、75万羽もの集団を作って飛ぶ。さらに、至る所で見かけるにもかかわらず、なぜ彼らがこうした動きをするのかについては、あまり知られていない。

米カリフォルニア州。ハヤブサに驚いたホシムクドリの群れは、急速に上昇して密集し、威圧感のある形に。(PHOTOGRAPH BY NICK DUNLOP)

「結論を言えば、私は50年間これを研究してきましたが、いまだにわからないのです」。1960年代、ホシムクドリの行動に関する初期の研究を行った、米ロードアイランド大学名誉教授の鳥類学者、フランク・ヘップナー氏はそう話すが、これまでにわかったこともある。

 イタリア、ローマ大学の物理学者アンドレア・カバーニャ氏は、過去16年間にわたり、ホシムクドリがどのようにして正確かつ優雅に動きを同期させるのかを研究してきた。そのために同氏は、ローマの500人広場上空に集まるホシムクドリの群れの、高度な3Dモデルを作成した。この広場にやってくるホシムクドリの数は過去10年間で倍増し、およそ100万羽にもなっている。

 ホシムクドリが冬の渡りを行う間、カバーニャ氏は共同研究者のイレーネ・ジャルディーナ氏とともに、広場の南西側にあるマッシモ宮の屋根の上に設置した3台の高速度カメラを操作する。

「毎年冬になると、冷たい雨の中、毎晩のように屋根に登っています。そこにいるのは私たちと彫像だけです」

次ページ:全体の同期を生み出す7羽との協調

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。

価格:2,860円(税込)