家畜を食べたライオンの悲惨な末路、最新研究、共存の鍵は予防

麻酔銃で眠らされ、南アフリカからモザンビークの保護区に再導入されるライオンたち。一方で家畜を食べるライオンの場合、生息場所を変えるやり方は良い結果につながらないことが最新の研究で明らかになった。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE)

【元の記事へ戻る】