3月上旬、カナダ、ケベック州ブラン・サブロンの町の近く。タテゴトアザラシの赤ちゃんが雪に覆われた浜辺に横たわる。通常、セントローレンス湾の流氷上で出産、子育てをするタテゴトアザラシだが、今年は流氷量が過去最低となっており、子アザラシたちの生存が危ぶまれている。(PHOTOGRAPH BY MARIO CYR)
[画像をタップでギャラリー表示]

 毎年12月になると、極北から南下してきたタテゴトアザラシたちがカナダのセントローレンス湾にやってくる。2月下旬から3月上旬にかけて、マドレーヌ諸島周辺の海氷の上で出産するためだ。このタテゴトアザラシの「保育園」には、白くふわふわの赤ちゃんアザラシを見ようと、毎年何百人もの人々が訪れる。

 しかし2021年、数百頭の子アザラシが現れたのは、マドレーヌ諸島の海氷ではなく、北東に約550キロも離れたブラン・サブロン近くの海岸だった。

 セントローレンス湾の海氷は現在、観測を始めた1969年以降で最も少ない。海氷が不安定なために海岸に追いやられた子アザラシには、割れた氷塊に押しつぶされたり、捕食者に食べられたりと、様々な脅威が降りかかる。2021年、タテゴトアザラシの子どもの死亡率は非常に高くなると予想されている。

「今年は氷が全くありません」と、40年にわたりカナダ北部で撮影している写真家マリオ・シル氏は語る。「アザラシたちには選択肢がないのです」。解けた氷の中でもがいたり、雪の上で母親を呼んだりする子アザラシの姿を、シル氏はナショナル ジオグラフィックのために何日間もかけて撮影した。

地元の人々が浜辺にいる子アザラシを見にやって来る。タテゴトアザラシは通常、ここから南西に約550キロのマドレーヌ諸島周辺に形成される海氷の上で子を産み育てる。今年はその海氷が形成されなかったため、妊娠中の母親たちは新たな場所を求めて北上せざるを得なかった。(PHOTOGRAPH BY JORDAN HAMELIN)
[画像をタップでギャラリー表示]

厚い氷がない

 大きくなると体長180センチ、体重180キロにもなるタテゴトアザラシは、通常、陸にはほとんど上がらず、北大西洋や北極海の冷たい海を巡って甲殻類や魚を食べながら過ごす。彼らは自分が生まれた場所を記憶しており、毎年冬になると繁殖のために一斉にその場所に戻ってくる。

 タテゴトアザラシが出産するのは海氷の上だけだが、セントローレンス湾の氷の量は年々予測が難しくなっている。「セントローレンス湾にはほとんど何も残っていません」と、カナダ水産海洋省の海氷専門家ピーター・ガルブレイス氏は話す。

 例年、湾全体で約15立方マイル(約63立方キロ)の氷が張ると同氏は言う。だが今年は、2月のピーク時にも3立方マイル(約13立方キロ)未満しかなく、すでに1立方マイル(約4立方キロ)未満にまで減少している。

Riley D. Champine, NG Staff; Sources: NASA; National Snow and Ice Data Center

「タテゴトアザラシにとっては、氷の質も重要です。嵐に耐える厚い海氷が必要なのです」とガルブレイス氏は語る。セントローレンス湾では10年来の温暖化傾向がこの冬も続き、水温は高く、湾に出現したわずかな流氷も簡単に割れてしまう。

「波が流氷に入り込み、氷を砕いてしまいます」とガルブレイス氏は言う。「氷が小さく薄く、周囲に水面がたくさんある場合、子アザラシたちは大したことのない嵐でも氷の割れ目や水面に吹き飛ばされてしまう可能性があります」

ブラン・サブロン近くの海岸で。タテゴトアザラシの母親が子に乳を与えている場所は、理想的とは言いがたい。好奇心旺盛な住民たちがスノーモービルに乗ってアザラシを見に来るが、中には危険なほど近づいてしまう人もいたと写真家のマリオ・シル氏は語る。(PHOTOGRAPH BY JORDAN HAMELIN)
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:子育てできる氷がない

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

世界一の動物写真 増補改訂版

世界最高峰のネイチャー写真賞「ワイルドライフフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」50周年を記念して出版した「世界一の動物写真」のアップデート版。

定価:3,960円(税込)