野生の楽園オカバンゴに汚染の懸念、上流の石油試掘で不正か

「特集ギャラリー:アフリカ南部 巨大湿原の未来を守る(2017年11月号)」(見出しのクリックで表示)

アフリカスイギュウが蹴り上げ、糞(ふん)を残すことで土壌は肥沃になる。オカバンゴでは生物が自然景観を形づくり、自然景観が生物を支えている。(PHOTOGRAPH BY BEVERLY JOUBERT,NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】