野生の楽園オカバンゴに汚染の懸念、上流の石油試掘で不正か

廃棄穴に漏出防止シート敷かず? 地下水汚染の恐れ、ナミビア

2021.03.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オカバンゴ地域で石油生産が開始されると、リカオンをはじめとするアフリカの代表的な動物種が打撃を受ける可能性がある。(PHOTOGRAPH BY DANITA DELIMONT, ALAMY STOCK PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 カナダの石油・ガス会社「リコネッサンス・エナジー・アフリカ(リコンアフリカ)」が1月、アフリカのナミビアで試験掘削を開始した。そこは、隣国ボツワナに広がる野生動物の宝庫、オカバンゴ・デルタの上流にあたる。だが同社が撮影した空撮写真や第三者機関の調査によると、地元の水源を汚染から守る環境配慮策をとっていないようだ。

 ナミビアは水資源の乏しい国だ。同社が掘削を始めるという話が広まると、飲料水や灌漑用水の水源である浅い帯水層に、掘削による汚染物質が浸透するのではないかとの懸念の声が地元から上がった。(参考記事:「世界最大のオアシス、国境を隔てた水源を守れるか」

 また自然保護団体は、試掘による汚染が、周辺の野生動物(ゾウ、サバンナセンザンコウ、リカオン、ゴマバラワシなど)や、約260キロ下流にある世界遺産、オカバンゴ・デルタに影響を与えることを懸念している。(参考記事:「オカバンゴ・デルタ、世界遺産登録へ」

[画像のクリックで拡大表示]

 リコンアフリカ社が1月10日にウェブサイトに掲載した動画には、最初の試掘井(しくつせい)の横に大きな廃棄物ピットが映っている。廃棄物ピットとは、石油や天然ガスを掘るときに出る泥や液体などを貯蔵する穴で、その中には危険な化学物質や高塩濃度の物質が含まれている可能性がある。同社が拠点を置くカナダのブリティッシュ・コロンビア州では、化学物質が地中や地下水に浸入するのを防ぐため、こうした廃棄物ピットには不浸透性のライナーシートを敷くことが業界のガイドラインで定められている。

 リコンアフリカ社の広報担当者クレア・プリース氏は2020年10月にナショナル ジオグラフィックの取材に対し、掘削で生じる岩石くずは「ライナーシートを施したピットで管理されます」と語っていた。氏はまた、「弊社はナミビアの規制と政策、そして国際的なベストプラクティス(最良の慣行)に従っています」とも述べていた。ナミビアの法律に則るなら、同社は坑井からの石油、掘削液、水、その他あらゆる物質の「流れを制御し、投棄、漏出および流出を防止」しなければならない。

 だが、同社の動画にライナーシートは映っていない。

 1月23日に現地を訪れたナミビア人ジャーナリストのジョン・グロブラー氏は、ナショジオの取材に対し、廃棄物ピットはライナーシートで覆われておらず、中には液体が溜まっていたと述べた。

リコンアフリカ社の広報担当者クレア・プリース氏は2020年10月にナショナル ジオグラフィックの取材に対し、石油掘削の際に発生する岩石くずは「ライナーシートを施した廃棄物ピットで管理されます」と答えていた。しかし、同社がナミビアで初めて掘削した試掘井の廃棄物ピットにライナーは敷かれていないようだ。(PHOTOGRAPH BY JOHN GROBLER)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:専門家の見立ては?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2017年11月号

地上でいちばん幸せな場所/相次ぐ翼竜化石の発見/ジェーン・グドールの素顔/迫害されるロヒンギャ/アフリカ南部 巨大湿原の未来を守る/アパートの廊下の希望

恐竜時代の空を飛んだモンスター「翼竜」ほか特集6本を掲載、特製付録は迫力の翼竜ポスターです!

特別定価:1,131円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加