アマゾン盆地、実は温暖化を助長している可能性、研究

森林によるCO2吸収効果をその他の悪影響が上回る

2021.03.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二酸化炭素(CO2)を吸収し、温暖化を食い止めてくれると期待されているアマゾンだが、さまざまな影響を考慮したところ、実は温暖化を助長している可能性がある。(PHOTOGRAPH BY JAK WONDERLY, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾンの熱帯雨林は今や、地球の温暖化を助長している可能性が高いことが、30人以上の科学者が関わった最新の研究でわかった。論文は3月11日付けで学術誌「Frontiers in Forests and Global Change」に発表された。

 アマゾンの熱帯雨林がもつ二酸化炭素(CO2)吸収能力が低下している可能性については、これまでも研究が行われてきた。たとえば、1月に学術誌「Nature Climate Change」に発表された論文では、すでに一部の熱帯雨林では炭素の放出量が吸収量を上回っている可能性が指摘されている。

 しかし、CO2の吸収と放出は、アマゾンが地球の気候に影響を与える道筋の1つに過ぎない。自然なものであれ、人為的なものであれ、アマゾンでの活動はさまざまなかたちで気候に影響を与える。

 例えば、湿地の乾燥や、伐採による土壌の圧縮は、温室効果ガスの一種である亜酸化窒素(N2O)の放出を増加させる。森林火災は、太陽光を吸収して気温を上昇させる黒色炭素(ブラックカーボン)を放出する。森林伐採によって降雨パターンが変われば、森林では乾燥と気温上昇がさらに進む。

 さらに、森林破壊の主な原因である牧畜と同じく、洪水の頻発やダムの建設によっても、強力な温室効果ガスであるメタンが放出される。また、全世界で発生するメタンの約3.5%は、アマゾンの樹木から自然に発生している。(参考記事:「木がメタンガスを放出、温暖化の一因、証拠続々」

 しかし、アマゾンが急速に変化しているにもかかわらず、こうしたプロセスの累積的な影響はこれまで評価されてこなかった。そこで今回の研究がナショナル ジオグラフィック協会の支援で行われた。結果、これらすべてを要因とする大気の温暖化が、アマゾンの自然な冷却能力を超えてしまっていると推定された。

「森林の伐採で炭素の吸収が妨げられていることは、もちろん問題です」と、論文の筆頭著者である米スキッドモア大学の環境学教授クリストファー・コビー氏は話す。「しかし、CO2に加えて他の要因を調べ始めると、アマゾンが全体として地球の気候を温暖化させていないかどうか、見極めが非常に難しくなります」

 このダメージを元に戻すことはまだ可能だと論文の著者らは言う。世界的に温室効果ガスの排出を抑えることは重要だが、まずはアマゾンの森林破壊を抑えることが必須だ。加えて、ダム建設を減らし、植林を増やさなければならない。現在のペースで森林伐採を続ければ、世界全体で温暖化が悪化することは間違いなさそうだ。

「私たちは、自分たちが犯してきた過ちの埋め合わせを(アマゾンという)システムに頼ってきたわけですが、そのシステムがしっかりとサービスを提供できるキャパシティを超えてしまったのです」と、論文の共著者であるカナダ、マギル大学のフィオナ・ソーパー氏は語る。

次ページ:アマゾンの急速な変化、もたらされる複雑な影響

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年4月号

地球が再生する理由/米国横断 電気自動車の旅/地球を守ろうと闘う若者たち/地球を救いたいと前進した50年/地球が破滅する理由/ソラスタルジア~失われゆく故郷/50年後の気候はこんなに変わる/地球を好き勝手に破壊した50年

4月号はまるごと一冊「地球の未来」。人類の英知を結集することで地球は見事によみがえるのか、それとも破滅の道をたどるのか。アースデイ50周年を契機に、50年後の地球を考えます。表から読むと再生する未来、裏から読むと破綻する未来、二つの未来像を二つの表紙でお届けします!特製付録は「地図で知る 傷つけた地球/守りたい地球」と、日本版創刊25周年を記念した「Photo Arkカレンダー」!

特別定価:1,210円(税込)

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

変化していく地形、水浸しの生活を強いられる人々、生息域を追われる動物たち、そして経済的ダメージまで、人類史上最大の危機を徹底レポート。気候変動によって変わりつつある世界の今に迫る1冊。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加