6200年前の大量虐殺、犠牲者38人のDNAを分析、深まる謎

集団処刑か? 多くは血縁関係になく、犯人や動機は謎のまま、クロアチア

2021.03.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポトチャニで発見された犠牲者についてさらに情報を得るために、調査チームは発掘現場から入手した38人分のDNAを分析した。その結果、全員が同じ遺伝的祖先を持つことがわかった。調査した犠牲者の祖先は、ごく一部は西ヨーロッパの狩猟採集民社会から来ていたものの、大半は現在のトルコの大部分を占めるアナトリア出身だった。彼らは8500年ほど前に初めてヨーロッパに農耕を持ちこみ、数千年後、子孫の一部が牛を連れてバルカン半島を移動するようになった。

 DNA分析で1人の男性とその娘2人、甥1人が特定されるなど、犠牲者のうち数人は近い血縁関係にあることが確認された。しかし、7割の人々にはそうした関係がないことも判明した。こうした結果から、彼らは、多くの家族で構成される大規模なコミュニティに属していたとも考えられる。

左:少年(上)と若い成人女性(下)の頭蓋骨に鈍器による損傷が確認された。(PHOTOGRAPH BY M. NOVAK)(COURTESY OF THE INSTITUTE FOR ANTHROPOLOGICAL RESEARCH)<br>右:集団墓地で発掘された陶器のつぼ(修復後)は、古代のラシニヤ文化の特徴を備えている。(PHOTOGRAPH BY I. KRAJCAR)(COURTESY OF THE ARCHAEOLOGICAL MUSEUM IN ZAGREB)
[画像のクリックで拡大表示]
左:少年(上)と若い成人女性(下)の頭蓋骨に鈍器による損傷が確認された。(PHOTOGRAPH BY M. NOVAK)(COURTESY OF THE INSTITUTE FOR ANTHROPOLOGICAL RESEARCH)<br>右:集団墓地で発掘された陶器のつぼ(修復後)は、古代のラシニヤ文化の特徴を備えている。(PHOTOGRAPH BY I. KRAJCAR)(COURTESY OF THE ARCHAEOLOGICAL MUSEUM IN ZAGREB)
[画像のクリックで拡大表示]
左:少年(上)と若い成人女性(下)の頭蓋骨に鈍器による損傷が確認された。(PHOTOGRAPH BY M. NOVAK)(COURTESY OF THE INSTITUTE FOR ANTHROPOLOGICAL RESEARCH)
右:集団墓地で発掘された陶器のつぼ(修復後)は、古代のラシニヤ文化の特徴を備えている。(PHOTOGRAPH BY I. KRAJCAR)(COURTESY OF THE ARCHAEOLOGICAL MUSEUM IN ZAGREB)

幻の加害者

 ビアーズ氏が行った南北アメリカにおける考古学調査では、遺伝子レベルでは必ずしも血縁でない人々が、漁師、農耕民、職人など職業ごとに社会的集団を形成したことが明らかになっている。

 だが社会的集団の関係性は「遺伝学では把握できません」と、ケンブリッジ大学で古代DNAを専門とする考古学者のクリスティアーナ・シャイブ氏は言う。氏も今回の調査には参加していない。虐殺によらない埋葬墓がほかにあれば、この地域の通常の集団について遺伝的な観点から知ることができるだろう。残念ながら、これまでのところ、ポトチャニの遺跡はこの集団墓地だけであり、近隣に集落の跡も発見されていない。

 加害者については、まったく不明だ。「この残虐な行為を実行した人々については、何の痕跡もありません」とノバク氏は言う。加害者たちは、どこか遠方または近隣の敵対するグループに属していたのかもしれないし、犠牲者たちと同じコミュニティにいたのかもしれない。

 殺害の動機についても手がかりがない。ヨーロッパ先史時代における他の大量虐殺の遺跡や事例では、干ばつによって資源不足に陥った後に暴力行為が発生したとみられるものがあり、排他主義や気候変動といった対立を生む要素が原因になったことがわかる。「しかし、当時のポトチャニで気候変動が起きていたことを示す証拠はありません」とノバク氏は話す。

 だが、ひとつだけ明白なことがある。それは、こうした邪悪な人類の行為が何千年も続いてきたということだ。大量虐殺は、1万3000年以上にわたって世界各地で行われてきた。司法制度が導入され、社会全体の秩序が整い、暴力的な風潮は衰退したものの、斧に代わって銃が使用されるようになり、部族間の争いに代わって国家主導の集団殺害が行われるようになるなど、大規模な虐殺はますます容易に実行できるようになっている。

 ポトチャニで見つかったような集団墓地が私たちに何かを教えてくれるとしたら、それは、「この1万年の間、人間は変わっていないということです」とノバク氏は言う。「変わったとしても、それは悪い方への変化なのです」

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=ROBIN GEORGE ANDREWS/訳=稲永浩子

おすすめ関連書籍

人類史マップ

サピエンス誕生・危機・拡散の全記録

人類がどのように生まれ、危機の時代を過ごし、世界各地へ拡散していったのかを、様々な考古学的データをもとに再現。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加