海面上昇の速さ、世界平均の4倍の都市も、地盤沈下を加味

地域ごとの海面の変動を世界規模で検証、沈下の主因は地下水のくみ上げ

2021.03.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商店、住宅、モスクを浸水から守るジャカルタ湾の防波堤。海面上昇と地下水の過剰揚水を理由に、インドネシアの首都ジャカルタは世界で最も早く沈む都市の一つと考えられている。(PHOTOGRAPH BY IAN TEH, PANOS PICTURES/REDUX)
[画像のクリックで拡大表示]

 温暖化により世界の海面が上昇するなか、一部の沿岸地域では地盤沈下が問題を劇的に悪化させていることが、3月8日付けで学術誌「Nature Climate Change」に発表された論文で明らかになった。たとえば、米国のニューオーリンズ、インドネシアのジャカルタなど、人口が集中している沿岸地域では、海面の上昇率が世界平均の3〜4倍に相当するという。

「私たちが論じているのは予測ではなく、今起きていることです」と、研究を率いた英イーストアングリア大学ティンダル気候変動研究センターのロバート・ニコルス氏は話す。「しかも、かなり重大です」

 ただし、希望もある。沿岸部の土地が沈下している主な原因は地下水のくみ上げといった人間の活動であり、沿岸都市は対策を講じられるためだ。

限られた地域の問題ではない

 海岸線の沈下(または上昇)を引き起こす要因のなかには、人の力ではどうにもならないものがある。地球の一部はいまだに、最後の氷河期に地球を覆った氷河の消滅に適応している最中であり、その結果として地盤が上昇したり、沈んだりしている。河口付近の三角州では、堆積したばかりの土砂が圧縮されるため、土地は徐々に沈下する。

 しかし、そうした自然現象に加えて、地下水のくみ上げ、石油やガスの採取、砂の採掘、堤防の建設といった人の活動が地盤沈下の原因になる場合もある。川の氾濫防止自体は良いことでも、川が堆積物を広範囲に供給して土地をゆっくり再生する過程を妨げてしまう。

 特に人口が集中している場所では、地下水のくみ上げをはじめとするこれらの活動がしばしば、地質作用のみで起こる地盤沈下よりはるかに急速に土地を沈下させる。ジャカルタ、ニューオーリンズ、中国の上海、タイのバンコクの一部では、20世紀の間に1.8〜3メートル地盤が沈下した。(参考記事:「巨大防潮堤は沈みゆくジャカルタを救うか?」

 地盤が沈み、海面が相対的に上昇する現象については、これまでにもいくつかの都市で十分な裏付けが示されていた。しかし、世界規模で影響を評価した研究はなかった。世界規模で地盤沈下を考慮に入れ、「人々が相対的な海面上昇をどのように経験しているかを解明したいと思いました」とニコルス氏は説明する。

 全世界の数千カ所の海岸線を対象に相対的な海面上昇率を試算するため、ニコルス氏らは4つの主要な情報を利用した。気候変動に伴う海面上昇の衛星観測データ、最後の氷河期から陸地がどのように適応しているかのモデル推定、117の三角州で自然に起きた地盤沈下のデータ、大規模な沿岸都市138カ所における人為的な地盤沈下の推定データだ。

次ページ:沿岸の都市部、年7.8~9ミリの海面上昇

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年4月号

地球が再生する理由/米国横断 電気自動車の旅/地球を守ろうと闘う若者たち/地球を救いたいと前進した50年/地球が破滅する理由/ソラスタルジア~失われゆく故郷/50年後の気候はこんなに変わる/地球を好き勝手に破壊した50年

4月号はまるごと一冊「地球の未来」。人類の英知を結集することで地球は見事によみがえるのか、それとも破滅の道をたどるのか。アースデイ50周年を契機に、50年後の地球を考えます。表から読むと再生する未来、裏から読むと破綻する未来、二つの未来像を二つの表紙でお届けします!特製付録は「地図で知る 傷つけた地球/守りたい地球」と、日本版創刊25周年を記念した「Photo Arkカレンダー」!

特別定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加